キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


 
 〜 管理人コメント 〜

学園キノ6巻が2019年10月
より発売中です。学園キノは
今のところレビュー予定は
ありません。申し訳ない


キノの旅データベース
作中言語解説記事
〜それぞれ公開中です


全話リストはこちら


学園キノ(6) (電撃文庫)    


 記事検索

 全話リストはこちら



 
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
         











































<< 各話ページの情報項目について | main | キノの旅一巻第二話 多数決の国 感想 >>
キノの旅一巻第一話 人の痛みが分かる国 感想

●人の痛みが分かる国 -I See You.-

一言でいうなら:下心まで伝わる国
名言:「申し訳ないんですが……。ボクは旅を続けたいと思います」

 

登場人物:キノとエルメス
話の長さ:約30ページ
備考:ひと気のない国・他の話とリンク(多数決の国

アニメ一期「人の痛みが分かる国」ページ

 

 

あらすじ

   行先に国が見えたという事で、キノはおなかが空いているにも関わらず携帯食料を食べるのを我慢していた。あの国に人間がいなかったらどうするのとエルメス。その時さと答えるキノ。
   入国した国の町は立派で通りもよく舗装されていたが、ひと気が全くなかった。レストランやホテルでは、必要なことはすべて機械がやってくれた。ホテル代は豪華なのにとても安価で、キノは機械に料金が間違えていないか何度も確認した。それを見たエルメスは「びんぼーしょー」と言った。
   人を見つけるために町を散策したところ、民家に人はいるようだがそれぞれが相当離れていた。見かけた人に話しかけてみると、彼はとても驚いた様子だったが、キノが旅人だと知りこの国で何が起きたかを話してくれた。

 

オチ
   この国では過去にテレパシーのような他人の気持ちが分かる薬が発明され、国民がみな飲んだ。だが、下心や劣等感など必要以上のことまで伝わってしまい、国が大混乱に陥った。薬の効果は距離が離れれば切れるので、みなが距離を取り別々に暮らすようになったのだった。


感想
   記念すべき最初の国。人を探している最中にキノが「この前みたいに、後一人しか残っていない、ってことはないね」と述べているが、これは次の話の「多数決の国」のことを指しているようである(別の一人しかいない国、例えば「つながっている国」の可能性もあるが、この国と似ているためおそらく多数決の国で合っていると思う)。また何気なくスコープを使用しているが、これは「彼女の国」で得たスコープかもしれない。だが同話漫画版で見受けられるスコープの描写は長距離狙撃用の物に見えるため、フルートのスコープの可能性の方が高そうである。

   久方ぶりに第一話を読んでみて気になったのは、モトラドの運転に少し難儀しているところである。最近の作品は走っているという記述はあれど、運転でバランスを崩すような描写は記憶がない。そのことから旅に出始めて日が浅く、モトラドの運転が少し不慣れという解釈もできる。

   キノは基本的に一つの国にいるのは三日間と決めているが、この国では2日間で去っている。

(コメントのご指摘で間違った解釈をしていることに気付きました。打ち消し線を入れさせてもらいます。)

   発売当時思ったことと言えば、この話だけでなく次の話も崩壊した国なので、キノの旅の基本形は「国の崩壊とその理由」となるのかと思っていた。しかし20巻一通り読み終えてみると、そういった国はそこまで多くはなかった。その実は…それについては今後取り上げたい。

 

追記
   人の痛みが分かることが必ずしもいいことではなかったお話。一般的に正直や素直は美徳とされている。だが欲望丸出しの発言については許されはいない。どちらも本音なのは変わらないのにも関わらずである。人間は無意識に発する言葉を検閲していたが、心を全てさらけ出すというのはその検閲がない、無法地帯のような状態だったのだ。
   キノの旅の最初の国のお話であるが、最初より今後のシリーズの定番をしっかり押さえられ、キノが携帯食料をケチったり、ベット好きだったり、安い食事をたらふく食べるというがめつい性格というのが強調されている。また銃については最初の話とあってか特に事細かく、カノンの単手動作式=一発撃つごとにハンマーを手であげるものであり、一般によく知られたダブルアクション式とは違うと分かりやすく記述されている。

 

 

キノの容姿と装備:黒いジャケット・カノン・森の人・スコープ・薄汚れた鞄
エルメスの言い間違い:なし(累計言い間違い数:0)

殺害人数:0(キノの累計殺害人数:0)

キノが危害を加えられそうになった回数 :0(累計数:0)
国の技術レベルと特産物等:近未来・発達した機械
収穫:安価で豪華なホテル・食事

[ 小説第1巻 ] 19:30 - | comments(3) | trackbacks(0) |2017.07.26 Wednesday
スポンサーサイト

[ - ] 19:30 - | - | - |2020.05.24 Sunday
記事を読んでみて思ったことなど、コメントしていただければ幸いです。
| 管理人 | 2017/08/12 10:28 PM |
モトラドの運転がおぼつかなかったのは、単に空腹で もうろうとしていただけのように思います。『お腹がすいて、力が入らない』そうですし。

あと、キノ達は25ページ目で一泊、30ページ目でもう一泊してるので、普通に三日間滞在してますよ。
記念すべき第一話で三日間ルールが破られてるなんて、こいつは事件だ!となって思わず読み返してしまいました。
| 陽佐倉 | 2017/10/23 1:59 AM |
ご指摘ありがとうございます。今見返してこそすぐに分かりますが、管理人の間違いです。モトラドの運転に関しては陽佐倉さんのご指摘と同時に、「カノン」と「森の人」を持っていますからね。慣れてない方がおかしいです。日にちの指摘もごもっともです。
本サイトはページ数が多いため、細部のミスに気付けないの欠点です。より良いサイト作成のため、気付いてくれた方がご指摘いただけると幸いです。
| 管理人 | 2017/10/24 7:30 PM |









トラックバック機能は終了しました。