キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


 
 〜 管理人コメント 〜

学園キノ6巻が2019年10月
より発売中です。学園キノは
今のところレビュー予定は
ありません。申し訳ない


キノの旅データベース
作中言語解説記事
〜それぞれ公開中です


全話リストはこちら


学園キノ(6) (電撃文庫)    


 記事検索

 全話リストはこちら



 
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
         











































<< キノの旅二十二巻第六話 来年の予定 感想 | main | キノの旅二十二巻エピローグ・プロローグ 川の畔でb・a 感想 >>
キノの旅二十二巻第七話 餌の国 感想

●餌の国 -the Cage-
一言でいうなら:猛獣の餌になりかけた話
名言:(強いてあげるものはなし)

 

登場人物:キノとエルメス、デュナミス(獣の名前)
話の長さ:約50ページ
備考:ひと気のない国

 

 


あらすじ
 ある国への偵察の仕事を引き受けた。依頼主の商人によると、ここしばらく交流が途絶えているらしい。最初は引き受けるか迷ったが、絶品の肉料理があると聞きキノは引き受けることにした。問題の国はひと気がなく町は綺麗なままだった。さらに探索していると大きなドームの建物を見つけた。中には人骨が転がっており、野生動物に食べられた跡があった。そして入口に一人の女性が立っていることに気付いた。こちらが気づくと女性は逃げ出した。追いついてこちらの目的を明かし、この国で何があったかを聞き出すことができた。

 

 この国ではかつて大きな猫のような獣を国で飼っていた。デュナミスと名付けられたその獣は国民全員から愛された。しかし穀物の病気が発生、国を維持するためデュナミスを安楽死させることになった。唯一いた飼育員は猛反対したが決定は覆らなかった。そこで飼育員は国民みなを殺害することにした。デュナミスの檻を開け放ち、国民全員がドームへ避難したところに火のついた枯草をかき入れ、みなを窒息死させた。

 


オチ
 なぜ語り手の女性は生きているのかとキノが聞くと、彼女が飼育員だからとエルメスは答えた。同時に彼女が「デュナミス!」と叫び、呼ばれた巨大な獣が現れた。キノはエルメスにまたがりドームへと逃げ込んだ。作戦があるというエルメスに従いドームのほぼ中央の位置で止まった。いよいよ獣がキノに迫ったが、突然悲鳴を上げて倒れた。エルメスは獣にしか聞こえない周波数で声を発し、それがドームの反響と相まって獣を昏倒させることに成功したのだった。黒幕の女性がデュナミスに駆け寄ると、それをデュナミスが食べた。キノとエルメスはそれを刺激しないよう脇から回り込み、ドームの入り口までくると一目散に逃げた。

 

 国を後にしエルメスは言った。このことを商人に包み隠さず言えば、珍獣として商人達により生け捕りにされるだろう。しかし言わなければここで餓死する。「どうする?」とエルメスはキノに尋ねた。

 


感想
 猫のような巨大な獣の餌になりかけた話。獣の正体についてネコ科特有のしなやかな筋肉を持ち、黄色を基本に黒い縞(しま)と斑(ぶち)がちりばめられていることから虎かと思えたが、後のエルメスの解説によると実験的に掛け合わされたいろいろな種の混血で、いわゆる合成獣キメラのような存在らしい。

 

 お話の序盤、「ほら、"モトラドの運転はスポーツだから、ちゃんと食べておけ"云々」の台詞を以前聞いたとあるが、これはキノの旅一巻第一話「人の痛みが分かる国」での台詞である。以前も空腹状態で運転したことからこのような台詞が飛び出したが、これに限らずこのお話には多くの類似エピソードを見出すことができる。ひと気のない国に着く展開は数多く、なかでも「つながっている国」では誰もいない国でドーム状の建物を発見している。アニメキノの旅ASのBD特典「円盤の国」キノ編では凶暴な野生児の少女に襲われ、エルメスが壁の反響を利用し少女を撃退した。

 

 国に着く前、キノは夕食を取る。「携帯食料のスープ、ビーフジャーキー入り」と題した料理は、外見的には泥のようだと解説が入る。作り方の工程も記述されているが、なんだかこれ「届ける話」での陸のご飯と似ているような…。


 国に辿り着きとんだ災難に見舞われたキノであるが、そもそもこの国に来た理由は絶品の肉料理があると聞いたためである。しかし料理どころではなく撤退を余儀なくされた。また黒幕である女性によると、国の人達は肉を一切食べないと言っている(262p)。これはどういう事か、なにか裏があるのか。立派な石組みの建物を作り上げた先住民の存在など設定を洗い流してみたが、矛盾を解く推論は思い浮かばなかった。しかしこちらのレビューサイトにて面白い意見が。"謎の肉料理は……キノを釣る「餌」?"とのこと。これならしっくりきた。

 

 国民全員の殺害方法としてドームの中で窒息という手法が取られたが、これを読んで「風の谷のナウシカ」の漫画版を思い出した。こちらは殺害ではないが、戦火を逃れるために住人が大きな建物に籠り、暗かったことから火を焚いてしまいみなが窒息死するという展開があった。

 

 

 

キノの容姿と装備:防寒着・黒いジャケット・カノン・森の人・(フルート明確に未所持)・ゴーグル
エルメスの言い間違い:エルメスは間違えていないが商人が「トロラド」と間違えたのをエルメスが「モトラド」だと訂正、商人は「そうそれ!」と返した(累計言い間違い数:50)
殺害人数:0(キノの累計殺害人数:244)
キノが危害を加えられそうになった回数:1(累計数:58)
国の技術レベルと特産物等:中世・見事な石組みの建物
収穫:偵察の報酬

[ 小説第22巻 ] 21:46 - | comments(0) | - |2019.12.25 Wednesday
スポンサーサイト

[ - ] 21:46 - | - | - |2020.05.24 Sunday