キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


 
 〜 管理人コメント 〜

小説22巻を語るニコ生放送を
8/2(金)の23:00から行います
放送コミュニティはこちら


キノの旅データベース
作中言語解説記事
〜それぞれ公開中です


全話リストはこちら



キノの旅XXII
the Beautiful World
(電撃文庫)

   


 記事検索

 全話リストはこちら



 
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
         









































<< キノの旅二十二巻第一話 仮面の国 感想 | main |
キノの旅二十二巻第二話 退いた国 感想

●退いた国 -Leader-
一言でいうなら:鉱山になる前は国があった話
名言:(強いてあげるものはなし)

 

登場人物:キノとエルメス、師匠(言及のみ)
話の長さ:約20ページ
備考:口語がメインの話

 


あらすじ
 巨大な採掘場がある谷に着いた。師匠から聞いた話ではこの谷に国があるはずだった。どこへ行ったか話していると、いきなり声をかけられた。声の主である眼鏡のお爺さんが事情を話してくれるという。現在採掘されているのは「ルスジェルトニウム鉱石」というもので、ホヴィーの原動力となる貴重な鉱石だ。四十年ほど前、ここより西にある大国がそれを発見した。しかし採掘するには元々あった谷の国が邪魔だった。退いてくれれば見返りをすると頼んだが谷の国は応じない。そこで大国はスパイを派遣、寝返ってそうな一人を見つけ出した。その一人が新たなスパイとなったことを皮切りに谷の国は分裂、多くは大国へ移住し最後まで残った者は自害した。


 そのスパイが語り手のお爺さんだねとエルメスが言い、本人はそれを認めた。お爺さんには昔妻がいたが、大国の技術があれば助かる病気だった。寝返ったことで薬を得て妻は生き永らえたが、本人は大国へ移住を拒否していた。妻に全てを打ち明けたところ自分を滅多刺しに自らも自決した。しかしお爺さんだけは大国に監視されていたため一命を取り留めたという。それからは顔を整形して別人として生き、不自由なく暮らし年を取ったそうだ。

 

オチ
 そこへホヴィーが来て、お爺さんは護衛らしき人に連れ去られていった。キノは護衛の人にお爺さんについて聞くとこう言われた。我が国の大統領だと。

 

感想
 かつて国があったが、スパイにより失われた話。ホヴィーはキノの旅シリーズに幾度か登場するが、エネルギー元が「ルスジェルトニウム鉱石」だと明かされたのは初めてのことである。加熱後にロッテルラセルバーム式精製をすると純粋ルスジェルトニウムの結晶体になってリフターの中心核になり、これによってホヴィーを浮かすことができるそうだ。


 語り手が当事者というのはキノの旅でよくあるパターンである。しかし最後の台詞によりこれまでの話が疑わしくなった。少なくとも管理人にはそう思えた。一方で自身のニコ生放送では「やった」という趣旨のコメントが寄せられ、その方はスパイのお爺さんは国と妻を失うも、大統領となったことで大国を制したのだと感じたそうだ。果たして語られた内容は全て真実なのか? 本編冒頭にて"人を簡単に信じるな"という師匠の教えが記述されているのも伏線のように思える。今は結論はだせないが、考えがまとまったら追記したい。

 

 

キノの容姿と装備:不明
エルメスの言い間違い:ババ抜き根性→正:立ち退き交渉(累計言い間違い数:50)
殺害人数:0(キノの累計殺害人数:244)
キノが危害を加えられそうになった回数:0(累計数:57)
国の技術レベルと特産物等:国外・ルスジェルトニウム鉱石
収穫:なし

 

[ 小説第22巻 ] 22:49 - | comments(0) | trackbacks(0) |2019.10.05 Saturday
スポンサーサイト

[ - ] 22:49 - | - | - |2019.10.05 Saturday









http://umidorinakoto.jugem.jp/trackback/511