キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


 
 〜 管理人コメント 〜

学園キノ6巻が2019年10月
より発売中です。学園キノは
今のところレビュー予定は
ありません。申し訳ない


キノの旅データベース
作中言語解説記事
〜それぞれ公開中です


全話リストはこちら


学園キノ(6) (電撃文庫)    


 記事検索

 全話リストはこちら



 
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
         











































<< キノの旅 よくある質問・議論 | main | キノの旅「死ぬほど驚くかもね」諸説まとめ(最終更新2019年1月) >>
キノの本名について

 「キノの旅」とタイトルが表すように、本シリーズの主人公の名前はキノです。しかしこれはキノの親から授かった名前ではありません。親から授かった名前は別にあります。しかしその名前について作中では「×××××」と記述され、なんと読むのか明らかになっておりません。

 キノの本名については大人の国収録の第一巻発表以来、各所でたびたび議論が交わされてきました。中には実際の花の画像も交えとても深く考察している方もいます。そのうえでそれらを凌ぐような考察をするのが理想ですが、残念ながら管理人はこれほどまでに質の良い記事は書けません。なのでここは質ではなく量で攻めていきたいと思います。具体的には、ネット上のあらゆる候補名を羅列します。

 ですがその前に、キノの本名についての情報をまとめておきます。


「大人の国」
・冒頭の一人称私のキノは、なんて呼ばれていたかもう覚えていない
・何か花の名前
・読み方を少し変えると、とてもいやな悪口になる
・それでよくからかわれた

・小説上では「×××××」→しかしキノの旅における伏字は「×××××」と統一されており、5文字とは限らない
・キノはコートを着て国に来た=12歳誕生日直前の季節参考
・キノという名前を聞き、短くて呼びやすくていい名前だと思った→本名は長い可能性
・初代キノからはいい名前と言われた

 

「誓い」
・今の時期に咲き乱れる紅い花
・地平線まで広がる花
・この季節ほんの短い時間だけ咲く
〜これらを踏まえ、「何かをするために」の185pにて「冬が来て、春になって―」という発言。さらに誕生日プレゼントには「ちょっと早いですけど」とある事から、誕生日=花が咲く季節は秋付近ではとも推察できる


「紅い海の真ん中で」
・一面の紅い世界
・花を蹴散らして=木ではない

・小説作中イラストとして、6巻目次と7巻口絵ラストにイラストあり
・アニメ一期二期ともども「大人の国」・「紅い海の真ん中で」で映像化

 


 次に、詳しく考察されている余所様のページや、議論のある掲示板を挙げたいと思います。

キノの本名を考えてみよう
ピクシブ百科事典「キノ」

yahoo知恵袋「キノ 本名」
ザ掲示板「キノの本名を当てる会」
・2ch歴代時雨沢恵一スレッド(議論の多い箇所を抜粋その1その2その3その4その5その6

 


○特筆候補名
・さくら
 やはり筆頭となる候補名。優しい国で出会った少女の名前で悪口についても作中で述べられている。アニメCCさくらの主人公「木之本桜」を言い換えると「キノ元さくら」という掛詞もよく挙げられる。しかしこの説は否定意見が根強い。さくらは紅くないうえ木に咲くなどである。
 ところで2期アニメ化周辺の時期には2chスレッドにて作者が否定したという書き込みが多く見られた。これが本当なら完全に否定が出来るのだが、ソースが明確ではない(少なくとも管理人が過去より一通り見返したツイッターではなかった)。知っている方がいたら教えてほしい。

 

・ポピー

 2011年の電撃文庫秋の祭典にて『希望の花の種 ポピー』と題し配られた。同年の震災を受け他の電撃文庫作品それぞれに花の種が配られ、キノの場合はポピーだったらしい。キノの本名だからという名目では配られていないが可能性はあるかと(ほか参考2chスレ)。

 

・ケイト(鶏頭)

 「恋文の国」にて同名のケイトなる人物が登場したため可能性は低い。

 

・ヒナゲシ

 いろいろなサイトを巡ってみてこれを推している方がやや目立った(余所様記事リンク2chリンク

 

 

 

 ここからはその他の候補名を挙げていきます。ただ管理人は花に詳しくなく、反論されれば対処できません。なのであくまで候補名を挙げる事のみに留めておきます。そしていずれの候補名にしても、主に「開花季節」・「悪口になるか」という条件が同時にしっくりくる物は出ていません。そのため著者が考えた架空の花という可能性も十分あり得るかと思います

 

○頻出候補名

彼岸花

リコリス

アマリリス
ケシ

ナガミヒナゲシ

ハイビスカス

ローズ(薔薇)


○その他候補名

ラフレシア
カーネーション
アマリリス
撫子(なでしこ)
芥子
デイジー
ハス

芙蓉
シバザクラ(芝桜)
キルシェ
コスモス(秋桜)
シクラメン
はなみずき

ハナズルソウ

イモカタバミ

ムシトリナデシコ

ミソハギ
ポインセチア
サクラソウ(さくら草)
パンジー
アマポーラ
ざくろ
マンジュシャゲ
アイリス
スイートピー
アサガオ
ひまわり
ラーレ
キンシャラ
クロッカス
シネラリア
グロリオサ
オキナグサ

椿
ハギ
ツツジ
サルビア

 

 

 

注:記事掲載の順列の都合上、投稿日時を操作。初投稿日2018/10/5

[ よくある質問・議論 ] 23:01 - | comments(0) | trackbacks(0) |2018.05.24 Thursday
スポンサーサイト

[ - ] 23:01 - | - | - |2019.11.28 Thursday









http://umidorinakoto.jugem.jp/trackback/483