キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


 
 〜 管理人コメント 〜

学園キノ6巻が2019年10月
より発売中です。学園キノは
今のところレビュー予定は
ありません。申し訳ない


キノの旅データベース
作中言語解説記事
〜それぞれ公開中です


全話リストはこちら


学園キノ(6) (電撃文庫)    


 記事検索

 全話リストはこちら



 
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
         











































<< キノの旅漫画郷版1巻 過去のある国 感想 | main | キノの旅漫画郷版1巻 ガンな話 感想 >>
キノの旅漫画郷版1巻 優しい国 感想

●優しい国

一言でいうと:キノが調子狂うほど優しい国
登場人物:キノとエルメス
小説版「優しい国」ページ

アニメ二期「優しい国」ページ

 

 

あらすじ
   これから向かう国は旅人の評判が悪らしい。だが実際に来てみると間逆で実に優しい国だった。宿屋の娘さくらに案内され、パースエイダースミスからカノンの整備と森の人を譲り受けた。会う人々みなが優しかった。そのせいかキノは3日目の朝には寝坊するほどだった。

   多く人からの見送りを受けてキノは出国した。国が見える丘の上で野営をした。すると火砕流が国を襲った。キノはもらったお弁当に手紙が挟まれているのを見つけ、事の顛末を知った。さらにさくらからの手紙も読むと、キノは再び出発した。

 

感想
   国が壊滅後、キノが「エゴだよ」というシーンがある。小説版では分かりづらいのだが、これはキノ自身がさくらを旅に同行させずに済んで良かったということを「エゴだよ」と言っており、アニメ版ではこれに伴うセリフが追加されている。今回の漫画版もアニメ版に準拠した台詞回しとなった。それを踏まえると残念だったのが、国に滞在時さくらの両親がさくらに旅を勧める場面。ここでキノの表情が描写されなかったので、ぜひここは表情が欲しかった。

   ただ二期アニメでは惜しくもカットされた三日目のキノの寝坊シーンはあったので、それは良かった。

[ 漫画郷版 ] 19:58 - | comments(0) | trackbacks(0) |2018.06.10 Sunday
スポンサーサイト

[ - ] 19:58 - | - | - |2020.09.19 Saturday









トラックバック機能は終了しました。