キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


 
 〜 管理人コメント 〜

学園キノ6巻が2019年10月
より発売中です。学園キノは
今のところレビュー予定は
ありません。申し訳ない


キノの旅データベース
作中言語解説記事
〜それぞれ公開中です


全話リストはこちら


学園キノ(6) (電撃文庫)    


 記事検索

 全話リストはこちら



 
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
         











































<< キノの旅「死ぬほど驚くかもね」諸説まとめ(最終更新2019年1月) | main | キノの旅漫画郷版1巻 人を殺すことができる国 感想 >>
キノの旅漫画郷版 感想(ネタバレあり)

●キノの旅漫画 -the Beautiful World- 

著者:郷/電撃コミックスNEXT 

単行本発売:2017年7月〜 

登場人物:キノとエルメス、師匠(回想)

 

 

この漫画について

   キノの旅の漫画は同時期に2作品登場した。こちらは郷氏による漫画であり、原作小説元電撃文庫と所属を同じにするアスキー・メディアワークスから発売されている。

 

   シオミヤイルカ版と違いとしては、こちらの漫画は2期アニメで採用されたエピソードを一部取り上げている点(モブキャラデザインはアニメと異なる・大人の国はシオミヤイルカの方で採用)、作風が異なる点(小説第三巻1ページ目のキノのデザインを思わせる)、一部でSDチックなキノが描かれたりしている点などが挙げられる

 

   そして一巻にはまたしても原作者のあとがきが。それも2つ分。さらには、 キャラクター原案とはいえもはや関係あるのかと疑いたくなる黒星氏のあとがきまでもが含まれている。そこまで含まれておきながら漫画2作品とも肝心の漫画作者のあとがきがないのだから、あとがきは原作者のものだけじゃないんだぞと言いたくなる。

 

   あとがき談に作者は銃が詳しいとありそれを表すかのように、キノの旅定番の朝の銃訓練のシーンでは銃をホルスター(腰の銃の入れ物)に入れたまま射撃する訓練を行っている。これは原作描写にはなく、作者独自のこだわりのようである。さらに一巻第2話には銃が大量に登場する「撃ちまくれる国」をチョイスしていたりと、作者の得意分野を存分に見せてくれそうである。

 

   よく見ると本に仕掛けが。カバーを取り素の本の表紙を見ると、キノとエルメスと銃が描かれており脇にはところどころメモ書きある(シオミヤイルカ版には同様のおまけ要素はない)。メモの内容はどうやら設定の確認のようで、「黒星さんのエルメスでは」との記述があることから漫画作者が原作組に設定の確認をしたく送ったもののようだ。キノのジャケットの合わせ目が絵によって違うという指摘や、エルメスの細かいパーツについての疑問など、設定を曖昧で終わらせない、責任感のある漫画化作家ならではの確認作業と伺える。

 

 

作中言語まとめ

 

第1巻

第一話「人を殺すことができる国」

第二話「撃ちまくれる国」

第三話「過去のある国」

第四話「優しい国・a」

第五話「優しい国・b」

書き下ろし掌「ガンな話」

あとがき!

 

[ 漫画郷版 ] 19:17 - | comments(0) | trackbacks(0) |2018.05.29 Tuesday
スポンサーサイト

[ - ] 19:17 - | - | - |2019.11.28 Thursday









http://umidorinakoto.jugem.jp/trackback/464