キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


   
 〜 管理人コメント 〜

毎週金曜25:00頃より
ニコ生放送をしています
放送コミュニティはこちら

全話リストはこちら
作中言語解説はこちら

キノの旅データベース
  を更新しました!





キノの旅 the Animated
Series 下巻(初回限定生産)
(特典サントラCD付) [Blu-ray]


 
CATEGORIES
 


SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
         
 記事検索

 全話リストはこちら












































<< キノの旅 よくある質問 | main | キノの旅漫画郷版 感想(ネタバレあり) >>
キノの旅「死ぬほど驚くかもね」諸説まとめ(2018年5月)

2018/5/26記事修正〜アニメでの口調からあの人=シズ確定と書いたが、放送での指摘に伴い可能性が高いにトーンダウンさせた

 

 

   キノの旅小説8巻およびアニメにおいて「船の国」と「渚にて 旅の始まりと終わり」というエピソードがある。このラストで、シズ達と別れたキノとエルメスは、お話の締めくくりとして「死ぬほど驚くかもね」というセリフを残した。

 

   この台詞について、正直なところ管理人はなんとも思わず軽く流していたのだが、発売当時の2004年10月から2ちゃんねるの該当スレッドでは多くのユーザーが疑問を抱くに至った。そして年月が経ち小説は21巻が刊行、さらにアニメ2期ASシリーズにてこのエピソードと台詞が採用、さらに月日が経った2018年5月現在も結論がでていない(参考:ツイッター検索「死ぬほど驚くかもね」)。

 

   本記事ではネット上で指摘されたすべての説を取り上げ、年月が経った今でも通用する説なのかそれぞれを検討する。
   最初に、問題の原点となる台詞について、関連する可能性のある事前の文章を含め書き出しておく。


ーーーーーーーーー
「そうか……。じゃあ、ここで一旦さよならだ。またどこかで」
「またどこかで。――でも……」
「でも?」
「いいえ。なんでもありません。ボクが旅を続けていれば、あなたがいつか住む場所にたどり着くと思います」
「……その時は、私がそこに落ち着いていることを願う。そして心から歓迎するよ」
「ええ」

 

「久しぶりに走ると、やっぱり気持ちがいいね」
「まーね。ところでキノ」
「ん?」
「あんなこと言ったけど、将来またあの人と会ったら、その時は……」
「そうだね。あの人は――」

 

「死ぬほど驚くかもね」
ーーーーーーーーー
小説キノの旅8巻「渚にて 旅の始まりと終わり」16~17pより引用
   そしてアニメ二期ASシリーズおいて「そうだね。あの人は――」のあと間を置かず「死ぬほど驚くかもね」とキノが発した。これにより「あの人(=シズは)死ぬほど驚くかもね」という可能性が高くなった(実際のアニメの声を聞いてほしい、本台詞のキノの口調からあの人=シズが驚くだろうという口調に思える)。小説のみで解釈する場合「死ぬほど驚くかもね」の主語はキノ達ではという意見が存在した。

 

 

 

諸説一覧

○否定要素のある説
キノを男性だと誤解説
誤解していると誤解している説
シズ死亡説
あの世で会う説、幽霊に会う説
キノが会話していたのは陸かティー説
「死ぬほど驚くかもね」エルメス発言説
シズ定住ありえない説
シズ海岸定住説

シリーズ慣例からして「渚にて 旅の始まりと終わり」にa・bがある説

 

○否定要素はないが決定打に欠ける説
会うたび驚くので説、会うたび戦うので説
再会できるのはごく稀説、会うとしても老衰している説
さきの生死に関わる件を受けて説
小説特有baパートからくる伏線暗示説
キノ不老および永遠の子供説


○その他の説
○検索ワード・検索範囲等
 

 

 

○否定要素のある説   △諸説一覧へ△

・シズがキノを男だと誤解説
   2ちゃんレス738(以降略)など。シズはキノの事を男性だと思っており、次に再会したとき成長したキノの女性の姿を見てシズが驚くことを予想したのではという説。しかしこの説は小説1巻「コロシアム」の164pのやりとりで、シズがキノの呼び方を「君」から「さん」に変えている(=女性と認識した)ことを根拠に否定されている。


・誤解していると誤解している説
   レスなど。上記の説についてキノ側が誤解している、つまりキノは「シズは自分の事を男だと思っている」と考えているという説。なので実際シズはキノを女性と認識しているが、キノはそう認識しておらず誤解しているというわけである。しかしながら先に述べたとおりシズはキノに「さん」付けで呼んでおり、キノはそこまで読解力がない思えない(「さん」付けにより誤解が溶けたとキノが認識したと思う)。また文章からしてキノの意見にエルメスも同調しており、二人そろって気付かないとは考えづらい。


・シズ死亡説
   レスなど。シズはティーに刺され致命傷を負い、その状態から生還しようものなら自分達(キノ)はとても驚くだろういう説。これは8巻発売時だからこそ言える意見であり、9巻以降からシズと陸とティーの旅が始まったことや、アニメ2期ASシリーズでの映像化(シズが直立姿勢でのキノ達見送り)により明確に否定される説である。
   これが覆ることはないが、8巻「船の国」のp108~のタイトルイラストはお話に登場しないため三途の川に思えたり(レス)、「渚にて 旅の始まりと終わり」というタイトルは実際は「(シズの)旅の終わりと(キノの)旅の始まり」では(レス)という指摘があり、8巻発売当時に限り至極まっとうな説である。


・あの世で会う説、幽霊として会う説
   レスなど。実質上記の説と同じだが、そこからさらに発展させた説。会うとしてもあの世なのでそこで会ったら驚くという見解や、シズが幽霊として出現するので驚くという(「旅の途中」「森の中のお茶会の話」でキノの世界には幽霊が実在しているところから着想を得た)説。結局シズは死ななかったため可能性は低い。


・キノが会話していたのは陸かティー説
   レスレスなど。小説は会話のみ構成となっており、実はキノに受け答えしていたのは陸やティーではないかという説。これは「死ぬほど驚くかもね」の謎に少し逸れるが、キノの相手が陸かティーであることでシズは重傷で寝込む=死亡説を補強するものである。しかし小説の文体(「お前からは」という台詞をシズ以外が使用)から不自然なことに加え、アニメの映像化により明確に否定されることとなった。


・「死ぬほど驚くかもね」はエルメス発言説
   いわゆるYahoo知恵袋説と言うべきか。本記事執筆時点の管理人PCで「死ぬほど驚くかもね」とgoogle検索をした場合最初に提示されるYahoo知恵袋の説。だがこの説のエルメス発言ではという点は、アニメの映像化で明確に否定された。さらに説明文後半については…


・シズの定住ありえない説
   先のYahoo知恵袋説の後半部分。キノの見立てではシズの人柄からして定住できるような人ではないという説。だがこの説は言い換えれば「シズが定住しようものならキノ達は驚く」ことである。したがって、アニメで「そうだね。あの人は――」のあと間を置かず「死ぬほど驚くかもね」とキノが発したことで、口調からして驚く人はシズの可能性が高くなった。そのため、キノが驚くというこの説はやや可能性が低くなったのでは。


・シズ海岸定住説
   レスレスなど。これもタイトルの意味が実際は「(シズの)旅の終わりと(キノの)旅の始まり」であり、深手を負ったシズがティーを伴って旅をするのは無理で、キノとの再会は絶望的という説。これも後のシリーズ展開で否定された。


・シリーズ慣例からして「渚にて 旅の終わりと始まり」にa・bがある説
   レスなど。だがこれは英題「On the Beach」がaとbとなっており、役割を果たしているのではと言われている。

 

 

○否定要素はないが決定打に欠ける説   △諸説一覧へ△

・会うたび驚くので説、会うたび戦うので説
   レスなど。シズは「コロシアム」「船の国」で会いその度に彼が驚いているので、次に会う際はいつにも増して驚くのではという説。似たような説として会うたび戦いキノが勝っているので次こそは死ぬのではという説。さらにレスでは次こそ殺すという過激な説も。


・再会はごく稀説、会うとしても老衰している説
   レスもしくはレス。基本的に移動する旅人同士が再開するのはごく稀であり、再会する確率はかなり低い、死ぬほど驚くほどの確率なので言った説。同様の説として、会うとしても老人で死ぬ間際ではという説。


・さきの生死に関わる件を受けて説
   レスなど。「船の国」本編ラストでの死に関わる事件から連想し、通常なら「驚く」で済ますところに「死」というワードを乗せたのではという説。


・小説特有baパートからくる伏線暗示説
   ツイッターユーザーより。小説では「死ぬほど驚くかもね」が含まれた「渚にて 旅の始まりと終わり」は初っ端に登場。そして本編「船の国」は最終話となる。そのため、最初から順番に読み進める読者に、生死に関わる出来事が起きると暗示するために設けたのではという説。

 

・キノ不老および永遠の子供説
   レスおよび余所様考察ブログにて。要約するとキノは大人の国で手術を受けていないため不老であり、シズと遠い将来再会するようなことがあれば、キノが不老で成長していない姿をみて死ぬほど驚くだろうという説。小説8巻以降のシリーズの記述と絡めたとても意欲的な説。

   ただあくまで個人的に思った事だが、余所様考察ブログにて「神のいない国」での「正直……、とても驚きました。世界は広いですね」という台詞は「正直ボク以外でそんな人間に出会うなんて、とても驚きました」という意味ではと指摘しているが、その後に「世界は広いですね」とキノが発するのは不自然に思える。「世界は広い」というのは全く未知の存在に出会った際に使うものであり、自分自身を差し置いて言う台詞には思えない、むしろ身内が実はそばにいたという意味で「世界は狭い」方の台詞を使うのではと思う。しかしそれが正しいとは限らず、この説は実にユニークで有力な説である。

 

 

○その他の説   △諸説一覧へ△
   ここからは少々無理があるのではという説や根拠が分かりづらいという理由などで除外した説を挙げていく。
著者は考えていない説(ありそうだがこれだと困る)
あとがきに絡める説
「死ぬほど驚くかもね」と言ったのはキノorエルメスじゃない説
シズが定住したら態度が変わり驚く説
シズが王になっている説
キノが老婆になっても旅してるので驚く説
シズとの子を宿した説
驚くのはティー説
キノ定住説(余所様のブログ)

キノが書いた小説で会う説…というより「終わってしまった話」の作家キノ説
・シズが迷惑な国の壁画を見て驚く説(ツイッターユーザー)

 

 

○参考・検索範囲等
・2ちゃんねる時雨沢恵一スレッド(8巻発売当時スレ9巻発売当時スレまで)
2ちゃんねる●ネタバレ総合スレッド●part5
google検索「死ぬほど驚くかもね」(上位20件程度)
Yahoo知恵袋検索「"死ぬほど驚く"」

ツイッター検索「死ぬほど驚くかもね」

[ よくある質問・議論 ] 20:33 - | comments(0) | trackbacks(0) |2018.05.25 Friday
スポンサーサイト

[ - ] 20:33 - | - | - |2018.06.19 Tuesday









http://umidorinakoto.jugem.jp/trackback/463