キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


 
 〜 管理人コメント 〜

学園キノ6巻が2019年10月
より発売中です。学園キノは
今のところレビュー予定は
ありません。申し訳ない


キノの旅データベース
作中言語解説記事
〜それぞれ公開中です


全話リストはこちら


学園キノ(6) (電撃文庫)    


 記事検索

 全話リストはこちら



 
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
         











































<< キノの旅漫画シオミヤイルカ第1巻 レールの上の三人の男 感想 | main | キノの旅漫画シオミヤイルカ第1巻 あとがきっ! 感想 >>
キノの旅漫画シオミヤイルカ第1巻 森の中で 感想

●森の中で

一言でいうなら:キノが旅をする理由

登場人物:キノとエルメス

小説版「森の中で」ページ

 

 

あらすじ

   寝るまえにエルメスから話しかけられた。モトラドは走っているときが一番幸せで旅が好きということ。それならなぜ人間は旅をするのかということだった。キノは自分が汚い人間だと思うときがあり、そんな時自分以外の世界が美しく感じると答えた。よく分からないやというエルメスに、ボクも分かっていないかもしれない、それを分かるために旅を続けているのかもしれないと言った。

 

感想

   漫画のプロローグ・エピローグを勤めるのは原作同様、森の中でとなった。このお話は小説はもちろんアニメ化もされており、各媒体の比較がしやすくなっている。漫画版で印象深いのは、あたえられたページの広さで自由に書き割りすることができるという点である。

   一方でプロローグのラストで月が輝くカットがあるのだが、最初見たとき朝日かと思ってしまった。漫画のモノクロ調ゆえの欠点である。

 

[ 漫画シオミヤイルカ版 ] 22:03 - | comments(0) | trackbacks(0) |2018.05.15 Tuesday
スポンサーサイト

[ - ] 22:03 - | - | - |2020.09.19 Saturday









トラックバック機能は終了しました。