キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


   
 〜 管理人コメント 〜

毎週金曜25:00頃より
ニコ生放送をしています
放送コミュニティはこちら

全話リストはこちら
作中言語解説はこちら

キノの旅データベース
を更新しました!(9/18)


取り上げてほしいネタを
募集中!2018年末まで





キノの旅 the Animated
Series 下巻(初回限定生産)
(特典サントラCD付) [Blu-ray]


 
CATEGORIES
 


 記事検索

 全話リストはこちら


SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • (9/14画像更新)キノの旅小説22巻発売延期と今後のサイト活動、ネタ募集について
    管理人 (09/21)
  • (9/14画像更新)キノの旅小説22巻発売延期と今後のサイト活動、ネタ募集について
    陽佐倉 (09/21)
  • (9/14画像更新)キノの旅小説22巻発売延期と今後のサイト活動、ネタ募集について
    管理人 (09/20)
  • (9/14画像更新)キノの旅小説22巻発売延期と今後のサイト活動、ネタ募集について
    陽佐倉 (09/19)
  • (9/14画像更新)キノの旅小説22巻発売延期と今後のサイト活動、ネタ募集について
    管理人 (09/08)
  • (9/14画像更新)キノの旅小説22巻発売延期と今後のサイト活動、ネタ募集について
    海産物 (09/08)
  • (9/14画像更新)キノの旅小説22巻発売延期と今後のサイト活動、ネタ募集について
    管理人 (09/07)
  • (9/14画像更新)キノの旅小説22巻発売延期と今後のサイト活動、ネタ募集について
    陽佐倉 (09/06)
  • (9/14画像更新)キノの旅小説22巻発売延期と今後のサイト活動、ネタ募集について
    管理人 (09/02)
  • キノの旅一巻第五話 大人の国 感想
    管理人 (09/01)
RECENT TRACKBACK
         









































<< キノの旅公式人気投票「人気の国」のレビュー | main | 小説21巻までの累計記録結果発表! >>
管理人の好きなお話ベスト5

ここでは管理人が好きな国ベスト5をご紹介(1〜20巻より)

 

 

●管理人が選ぶ好きな国ベスト5


第1位:「夕日の中で・b」
   管理人がキノの旅でどの国が一番かと聞かれると、これだ!というお話が明確にあるわけではない。だが漠然と考え、ずっと印象残るエピソードと言えばこの「夕日の中で・b」である。このお話ではキノはほぼ登場せず、ウィルという見張り台の男の感情だけが描かれている。彼は見張り台からの光景を、みなが美しくないと思っていると認めたうえで、美しいと断言する。世界は美しく輝いている。そう思う自分を信じている。管理人も自分の感性を大切にしたい。例えみながそのように思っていなくても、自分が美しいと思う限り。


第2位:「情操教育の国」
   キノの旅では時々子供と大人の対立が描かれるが、その終着点となるのがこの話だと思う。この国では子供がいう事を聞かず大人は手を焼いていた。子供は大人からさまざまな教育を押し付けられていたのだ。そして師匠はパースエイダーの教育を勧め…大変な悲劇を生んだようだが、キノがこの国に来ると、子供達がいきいきしたとても平和な国となっていた。そして、一人の大人が子供達に強制しない、自らが模範となることだと説いた。管理人はこのお話が好き、というよりも正しいと思う。誰だって命令されて嫌なことはある。だが命令した人が率先してやるのであれば、そこから学ばざるを得ない。めくるめくこの世界において、処世術となり得る教訓だと思う。

 

第3位:「願い」
   このお話は口絵1ページながら、純粋な想いを強く感じるお話である。エルメスがキノに死なないでねという。現実世界において、大切な人に死なないでね言うことのなんと難しきことか。言おうとしても恥ずかしかったり、なに言っているのと言われそうだったりと、とても言い出せないことである。それをエルメスは言った。大切な相棒であるキノへの純粋な気持ちが現れた言葉にほかならない。とても美しいと思う。

 

第4位:「インタビューの国」
   旅人のキノさんにインタビュー、ということで記事掲載と真実のキノのインタビュー2つで構成されるお話。どちらもキノの半生や哲学が書かれているが、前者はとても生易しい良い子のみんな向けの内容となっており、両親への感謝や旅のゴールは故郷で教師になる事なんて書いてあり、なわけあるかとツッコミざるを得ない。そして、やはり現実は非情である。キノがそんなことを話すわけもなく、両親に殺されそうになったり、自分のせいで死んだ旅人の親に殺されそうになって撃ち殺したり、旅で最も危険なのは人間だったりと語る。キノの半生はとても過酷なものなのだが、それをあまりにも赤裸々にキノが語るものだから笑いが込み上げてくる。そして一番困っているのが聞き手である。こんな記事書けるわけがなく、さすがに同情せざるを得ない。

 

第5位:「ターニングポイント」
   口だけ弁慶なモブ主人公が、キノに倒されて一念発起(いちねんほっき)するお話。前半部分、主人公が大層なことを言う割にまるで結果が伴わない姿や、さんざん口だけだった主人公を張っ倒し、弱すぎて理解できないという読者待望のツッコミをしてくれるキノなど、読んでいておもしろい。そして物語の終わりは、キノに倒されたことがターニングポイントで大成功を収めるというハッピーエンドであり、とても気持ちがいい。

 

番外編:「認めている国」
   これまでベスト5を挙げたのだが、決め手はやはりストーリーに偏っている。そこで、国の制度として好きな国はどこかと聞かれた場合に答えるのが「認めている国」である。この国は自分にとって大切な人を投票し、投票されなかった人は秘密裏に始末している国。管理人は人間なので、嫌いな人がいる。そして、誰からも嫌われている人ならいなくなってほしいと思ってしまう。それを人目に付かないところで実現しているのでこの国が好きと言ってしまうのである。もしも自分が投票されなかったらそれでいいの?と聞かれるかもしれない。それについては、自分は人に嫌われることを恐れており、その反動から人に優しくしている。だから投票されないなんてことはない、と思いたい。

 


その他好きなお話
師匠と弟子が大暴れの「歴史のある国」
せめて自分の食事は残さず食べる「愛のある話」
保護されている害獣を爽快にぶちころしてしまう「保護の国」
勉強の大切が語られる「学校の国」
誤解がとてもほほえましい結果をもたらした「カメラの国」
師匠のトラウマを抱える「山賊たちの話」
見事な利益循環を実現する「開運の国」
いつかと同じさどこかへ行こうという名言の「紅い海の真ん中で・b」

 

 

注:記事整理につき余所ページの内容から独立、順列の都合上投稿日時を操作。ページ新設日2018/5/4

 

[ 好きなものランキング ] 00:25 - | comments(0) | trackbacks(0) |2017.10.05 Thursday
スポンサーサイト

[ - ] 00:25 - | - | - |2018.09.21 Friday









http://umidorinakoto.jugem.jp/trackback/458