キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


 
 〜 管理人コメント 〜

小説22巻を語るニコ生放送を
8/2(金)の23:00から行います
放送コミュニティはこちら


キノの旅データベース
作中言語解説記事
〜それぞれ公開中です


全話リストはこちら



キノの旅XXII
the Beautiful World
(電撃文庫)

   


 記事検索

 全話リストはこちら



 
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
         









































<< キノの旅Excelデータベース公開! | main | 2017年大晦日企画「管理人の旅」 >>
キノの旅アニメ二期第十二話 羊たちの草原 感想

●羊たちの草原 -Stray Army-
登場人物:キノとエルメス
本編約20分
小説版「羊たちの草原」ページ

小説版「旅の終わり」ページ

 

 

あらすじ


   キノはいつものようにエルメスを走らせていた。ふと目の前に、羊の群れがいることに気が付いた。邪魔しないように脇を通る抜けるつもりだったが、突然羊が鳴きはじめ、群れが一斉に突進してきた。あわててエルメスのスピードを上げるキノ。後方の羊たちと距離を距離を取ったかに思えたが、死角となっていた正面の窪地にも羊の群れがいた。やむなく道を外れるキノ。その後を羊たちはしっかり追いかけてきた。

 

   「ダメだ、止まって」。エルメスの台詞でキノは急停車した。目の前は崖となっており危うく落ちるところだった。大地の亀裂は左右におよび、どこまでも続いていた。向こう側には普通の草原だったが、このまま飛び越えるのは不可能だった。迫りくる羊の大群。一度逃げたほうがいいとエルメス。エルメスが指定した逃げる先は崖の下だった。「絶対に迎えに来る」。そう言いキノは崖を降りた。その際鞄も落とした。すぐに羊たちが寄ってきて、崖の上からキノを睨んだ。

 

   崖の底には小さな川が流れており、エルメスのアドバイスで水の流れる方へ進んだ。羊たちは崖の上からしっかりついてきた。キノは鞄に入れてあったフルートを組み立て背中にさげた。移動し夜になったのでキノは休んだが、夜空の背に羊たちはキノを睨んでいた。朝起きると羊たちの姿はなかった。崖を上りスコープを覗いてみると、羊たちは遠くにいた。周囲を観察すると、なにか光っていた。

 

   見つけたのは車だった。幸い羊たちは寄ってこなかったので、キノは崖の上を歩き車の元までやってきた。車は溝にはまっており、近くには運転手の骸骨があった。キノは車に装備されていた頑丈な板をタイヤの下に差し込み、溝から車を離脱させた。キノは車の運転を師匠に教わっていたことを喜んだ。運転手の遺体は埋葬し、あなたのパースエイダーと車を使わせてもらいますと言い黙とうした。

 

   動けないエルメスは2頭の羊に寄りかかられていた。すると音が聞こえ始めた。キノが運転する車だった。キノは車の前に立ちはだかる羊たちを次々と轢いて行った。キノは窓越しにエルメスと会話をすると、エルメスの周囲に燃料を撒き、銃で撃った。するとあたりが火の壁となった。キノは付近にいる羊たちを次々とフルートで撃ち、弾丸がなくなるとカノンと森の人を使った。

 

   とりあえず付近の羊は殺し、ほかの羊は火の壁の外にいた。キノは車から荷物を取り出し、さらに即席のジャンプ台を作った。エルメスは躊躇するが、キノはやる気だった。すると火の壁を越え一頭の羊が立ちはだかった。突進してくる羊。それをキノは車の持ち主の形見であるパースエイダーで倒した。そしてエルメスを加速。ジャンプ台へ走らせ、ついに崖を飛び越えた。着地に失敗し転んだが、それが幸いしエルメスの負傷を防ぐことができた。キノは向こう側の羊たちを見て君たちはなぜ戦うのか、ボクを食べるわけではないのにと言った。

 

   ようやく目的の国に着いた。入国審査官は久しぶりの旅人だと喜んだ。エルメスはどんな国だろうと期待するが、キノにとってはベットがあればなんでもよかった。入国審査官が羊たちを見なかったかと言った。その羊たちはかつてこの国で闘羊として飼われていたが、動物愛護の観点で自然に返されたのであった。キノから羊たちがいることを聞いた入国審査官はグッドニュースだと喜んだ。本当のことを伝えるか、エルメスはキノに聞いた。

 

 

「旅の終わり」
   なんて快適な場所だ、この世界で最高の場所な気がするとキノ。その発言通り、キノはハンモックを2つの木にくくり付け寝そべっていた。それを見てハンモックの子になっちゃいなさいとエルメス。それを聞きそれもいいかな、旅はおしまいとキノ。あわててこれからどうするのさとエルメス。今寝て、起きたら旅をする。ボクがここで旅が終わりだと思えばそこで終わり、昼寝から起きてすることがたまたま旅かもしれない。起きたら続きを始めるとキノ。エルメスはちゃんと起きてと念を押す。最後にエルメスは「キノ、ここまでの旅、楽しかったよ」と言った。

 

   「起きた?キノ」。うん起きたとキノは答えるとゴーグルをかけた。そして「旅をはじめるか」と言い、再びエルメスを走らせた。

 

 

感想


   ついに最終回を迎えたキノの旅。チョイスされたのは小説20巻より「羊たちの草原」。今までの旅の雰囲気とは一転、国に外で羊に襲われるという異色の回であった。エルメスに乗っているのであれば余裕かと思いきや、大量の羊と崖によりじわじわとキノは追い込まれ、ついにはエルメスを一時放置せざるを得なかった。しかしキノは絶対迎えに来るとエルメスに言い、運良く車を入手した後もエルメスを決して見捨てなかった。キノとエルメスの絆が見えるお話である。

 

   今回は久しぶりのOPED放映となった。最近なかったので見れて嬉しかった。最終回が「羊たちの草原」と聞いたとき、なぜこれをチョイスしたのか疑問で、本編を見れば納得のいく仕掛けがあることを期待していた。だがそういったものはなかった。しかし最後に「旅の終わり」が始まり、これはキノの旅が新聞掲載された際の最終話であり、とても最終話らしいものとなった。さらに、エンディング明けには再びエルメスを走らせるシーンとなり、これに関しては原作には存在しない新録のシーンであった。

 

   本編では羊が猛威を振るった。初遭遇時はのどかな風景と思っていたが一転、羊たちが大挙して向かってきた。アニメではどうやら羊たちは3DCGが使われていたが、違和感なくアニメになじんでいた。車に轢かれた羊がぽんぽん舞っていたのは、残虐性を軽減するための配慮か。また原作では羊の数は幾千ともあったので、すこし少ないかなと思った。さらに、一部の羊の鳴き声があからさまに人間っぽく違和感があった。あとで気付いたのだが、名のある声優陣が羊の声を務めたようだ。

 


   原作と違う思ったのは、序盤に羊から追われている際、原作では一回威嚇射撃するが全く羊は動じなかったこと。車を見つけた際に運転手の骸骨がでてくるが、原作では骨は散らばり頭蓋骨は最後まで見つからなかったこと。運転手の手記がありそれにより事の顛末を知るのだが、それがカットされていたこと。車を運転できた時キノが喜んだが原作にも増してキノが喜んでいることだった。


   そして気になったのがキノの声。今回は切迫した展開が続きキノが叫ぶシーンが多かった。それゆえに声優の素の声が印象に残った。これは前々から気になっていたことだったが今回は特に顕著で、本編中において声の振れ幅がとても大きく、違和感が残った。この違和感がどこから来るのか。男勝りな女性たちが出るといえば個人的に「恋姫シリーズ」が挙げられるのだが、そちらでは感じたことがない。そこから察するに、そこでの声優たちは素の声を基に凄みを加えているのかなと思う。それに対しキノの声優は、キノの普段の声が素から離れすぎており、叫び声をあげるとどうしても素の声に近くなり、そこから違和感が生まれるのかなと思う。

 

   その他こぼれ話。キノが見つけた車は現実で前に見たことがある気がし、おそらくモデルの車があること。火の壁を作るために燃料を投下するが、おもったより量が少なくてあの程度あそこまでの火の壁になるか疑問だったこと。そんなところである。

 

   小説版「羊たちの草原」ページ

   小説版「旅の終わり」ページ

 


   今回でアニメは最終回。無事完走を果たしました。アニメスタッフをはじめ、関係者から視聴者までお疲れ様でした。ありがとうございました。楽しかったです。

 

 

 

キノの容姿と装備:黒いジャケット・フルート・カノン・森の人
エルメスの言い間違い。ミラクルパン→正:三行半

 

 

 

 

[ アニメ2期 ] 19:30 - | comments(2) | trackbacks(0) |2017.12.25 Monday
スポンサーサイト

[ - ] 19:30 - | - | - |2019.09.11 Wednesday
最後まで感想掲載おめでとうございます!

そして、管理人さんは最終回に何故羊たちの草原が来たのか分からないとおっしゃってましたが、私は多分最後に旅の終わりを入れたかったからだと思います。
大人の国や優しい国では時間をめいっぱい使いたい、でも最終回には旅の終わりを入れたい、だから最終回が羊たちの草原&旅の終わりになったんだと思います。

あとは時雨沢先生が面白半分でしたのかもしれませんねw
最後が羊たちの草原っていうのがなんか時雨沢先生らしいな、って思いました(^ ^)
| カメロン | 2017/12/25 11:14 PM |
なるほど、確かに時間的な意味もあって「羊たちの草原」が選ばれたのかもしれませんね。
今回、無事完走できて良かったです。これまで見てくれて本当にありがとうございました!
| 管理人 | 2017/12/27 8:49 PM |









http://umidorinakoto.jugem.jp/trackback/442