キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


 
 〜 管理人コメント 〜

小説22巻を語るニコ生放送を
7/19(金)の23:00から行います
放送コミュニティはこちら


キノの旅データベース
作中言語解説記事
〜それぞれ公開中です


全話リストはこちら



キノの旅XXII
the Beautiful World
(電撃文庫)

   


 記事検索

 全話リストはこちら



 
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
         









































<< キノの旅アニメ二期第九話(その3) 料理の国 感想 | main | キノの旅アニメ二期第九話(その5) 美しい記憶の国 感想 >>
キノの旅アニメ二期第九話(その4) ティーの願い 感想

●ティーの願い -Get Real!-
登場人物:シズと陸とティー
本編約1分半
小説版「ティーの願い」ページ

 

 

 

あらすじ


   大きな壁と像がある場所にシズ達はいた。道に面したその場所は多くの人だかりができ、みなが自分達の願いを紙に書いて像や壁に貼り付けていた。シズ達がそれを眺めていると、旅の人もどうぞということで紙を貰った。「ティーが書くといい」と紙を渡すシズ。陸は「移民を受け入れてくれる国が見つかりますように」と書くことを提案したが、シズは「それより行動だから」と答え役所へ向かった。

 

   紙を眺め考えるティー。そして何かを書いて係の人に渡した。その内容を見て係りの人は素晴らしいと言った。まわりの人が集まってきてみると、そこには「ここにあるみんなのねがいがかないますように」と書かれていた。みなが絶賛し、その紙はとても高い位置に貼られた。

 

   あれは素晴らしい願いだが、どうしてあのような願いを聞く陸。すると「どうせこんなのやくにたたないから」とティーは答えた。シズが帰ってきた。移民は無理だった。

 


感想


   ストイックなティーを見ることができるお話。願いを書く紙にティーは素晴らしいことを書いた。しかしその真意はまったく心が伴っていなかった。まあティーの言う通りでもあるのだけれどねぇ、そこは夢があってもいいのではないかと。いずれにせよ、何かを成し遂げたいのであれば、強い気持ちと行動が必要なのは確かである。

 

   アニメにより映像化された国の様子が特徴的で、像や住人達がかぶる帽子は東南アジアを思わせる。ほかにも看板や、よくよく見てみると家の屋根には瓦が使われていのが分かる。原作小説では国の様子を細かく知る機会が少ないので、とてもアニメならではである。

 

   このエピソードは原作小説では巻頭カラーであり、そこでも像のようなものが描かれているのだが、それは今回のアニメと大きく異なる。また写っている人達も現代的で、洋風の帽子やカメラを携えた人が見受けられる。そこからしてアニメ版は大幅にアレンジしたのだと分かる。

 

   いろいろな国

   次話「美しい記憶の国」

 

 

 

[ アニメ2期 ] 00:52 - | comments(0) | trackbacks(0) |2017.12.03 Sunday
スポンサーサイト

[ - ] 00:52 - | - | - |2019.06.09 Sunday









http://umidorinakoto.jugem.jp/trackback/434