キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


 
 〜 管理人コメント 〜

小説22巻を語るニコ生放送を
8/2(金)の23:00から行います
放送コミュニティはこちら


キノの旅データベース
作中言語解説記事
〜それぞれ公開中です


全話リストはこちら



キノの旅XXII
the Beautiful World
(電撃文庫)

   


 記事検索

 全話リストはこちら



 
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
         









































<< キノの旅アニメ二期第九話(その1) 山賊達の話 感想 | main | キノの旅アニメ二期第九話(その3) 料理の国 感想 >>
キノの旅アニメ二期第九話(その2) 徳を積む国 感想

●徳を積む国 -Serious Killer-
登場人物:キノとエルメス
本編約6分
小説版「徳を積む国」ページ

 

 

 

あらすじ


   カフェにて。キノは老人とテーブルを供にしていた。老人はこの国の徳ポイントについて話してくれた。この国では社会貢献と言える偉業から、老人に席を譲るといった細かいことを含め、素晴らしいことをすると徳ポイントが与えられる。それは誰かがみていれば申請され、ポイントが住人登録データに記録されるのだと言う。

 

   犯罪したら減るの?とエルメス。老人はそうだと言い、数値がマイナスになると服役することになると言う。ではいいことばかりをして多くのポイントを持っている人が悪いことをしたらどうなるのかとキノ。ポイントは相殺され無罪となる老人。続けて、これは公平なシステムで、今まで悪いことを一度もしなかった人が悪さをすると酷い人間だと思われてしまうが、いままで悪いことばかりしてきた人間がたまにいいことをすると、いい人だと思われる。その錯覚のを防ぐシステムだと言う。

 

   「そして私は悩んでいる」と老人。老人は発明家、経営者、そして前大統領であり、この国に尽くしてきた。結果、人を殺しても相殺されるほどのポイントを稼いだ。実はポイントをここまで溜めたのは人を殺したいがためだった。しかし殺したい人が思いつかず悩んでいた。

 

   形相を変え、せっかく溜めたのだから誰か殺したいと言う老人。それを見たキノは、なるほど…ボクを殺そうと思って近づいたんですねと言う。老人は懐にナイフを隠し持っていたが、キノをそれを見据えて常に右手はリヴォルバーに添えられていたのだった。

 

   何事も起きず、キノと別れた老人。彼が道を歩いていると、赤ちゃんを抱えた女性に声をかけられた。この子が立派な人間になれるよう祝福してほしいという。老人は少し考えた末、赤ちゃんを抱き、君は幸せになるんだよ、私のようになるなよ、人生を失敗した男にはと言った。

 


感想


   国に多大な貢献をし徳ポイントを集めた老人。しかしそうしたのは人を殺したいがためであった。お話に出てくる、普段いい人が悪いことをすると悪い人に見え、普段悪い人がたまにいいことをするといい人に思われるというのが面白い。人間の感性は不思議なもので、客観的にみて公平とは言い難い。この国ではそれを防ぐため、ポイントさえ溜まれば人を殺しても帳消しにできるシステムとした。そして人を殺せるほど良いことをした老人だが、殺すべき相手が分からなかった。旅人であるキノをあきらめ、赤ちゃんをもあきらめた老人。結局のところ老人はどこまでもいい人だったようである。

 

   問題の老人だが、彼のアニメ描写はこと細かく書かれている。最初は普通のようだが段々と表情を変えていき、悩みを打ち明けた途端とても難しい表情をする。それを見て老人の悩みが視聴者に伝わってくると思う。原作小説ではこのエピソードはほとんど口語だけの構成であり、老人の変化の記述が基本的にない。それだけにアニメと小説の感じ方に大きく差が生まれる。

 

   老人はキノを殺すことを考え話しかけてきた。しかしキノは事前に警戒していた。その伏線があったのかなとアニメを見直したところ、キノの右手は常に画面に映らないようになっていた。でもそれだけでは伏線だと分かりづらい。だが、ある事実により伏線が張られていたと確信できた。それは「キノが左手でカップを持っていること」である。キノは右利きであり、銃も右手で撃つ。そのキノがあえて左手でカップを持っている。つまり、注意深くアニメを見ていた方ならこの違和感からキノが警戒している事実を気づくことができる。

 

   その他アニメを見て思った点。このエピソードに限りアニメの全体的色彩が青を基調にしているようだった。過去の製作者のツイートにて、毎回国の中の色変えている旨の発言があるので、今回も意図的に色を選んだようである。あと、作中に新聞紙や身分証明書が登場し、ことごとく作中言語で書かれていた。それゆえに書かれているか知りたいと強く思った。なので「次回のアニメ放映前までに本サイトにて言語対応表を公開する」。楽しみに待っていてもらいたい。⇒完成記事新聞解読記事

 

   話が逸れるが老人の行動について思ったこと。老人は国に多大な貢献をし、みなから慕われる立派な人間となった。しかし、その動機は「人を殺したい」からであった。これは現実世界に言えることである。多大な功績やさりげない行動。その真意は、それを行った人にしか知らない。つまり立派な行動をした裏では、予想だにしない動機によって動いている可能性があるということである。みなさんのまわりでも、思いもよらない動機をもとに物事が動いているのかもしれない。

 

   いろいろな国

   次話「料理の国」

 


キノの容姿と装備:黒いジャケット・リヴォルバー
エルメスの言い間違い:なし

 

 

[ アニメ2期 ] 22:55 - | comments(0) | trackbacks(0) |2017.12.02 Saturday
スポンサーサイト

[ - ] 22:55 - | - | - |2019.10.05 Saturday









http://umidorinakoto.jugem.jp/trackback/432