キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


 
 〜 管理人コメント 〜

小説22巻を語るニコ生放送を
8/2(金)の23:00から行います
放送コミュニティはこちら


キノの旅データベース
作中言語解説記事
〜それぞれ公開中です


全話リストはこちら



キノの旅XXII
the Beautiful World
(電撃文庫)

   


 記事検索

 全話リストはこちら



 
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
         









































<< キノの旅アニメ二期第九話 いろいろな国 感想(ネタバレあり) | main | キノの旅アニメ二期第九話(その2) 徳を積む国 感想 >>
キノの旅アニメ二期第九話(その1) 山賊達の話 感想

●山賊達の話 -Can You Imagine!-
登場人物:シズと陸とティー、キノとエルメス、師匠と弟子
本編約3分半
小説版「山賊達の話」ページ

 

 


あらすじ


   山岳地帯にて。銃のスコープを覗く少年(青年に見える)が、目下の道を行くシズ達のバギーを捉えた。その旨を斜視の長老に伝えると、長老は観察し獲物としてふさわしいか答えなさいと言った。少年は、剣を持った男と小さな女の子と犬が見えるといい、襲うべきだと進言した。理由はバギーが珍しく価値があること、剣なら弾丸には勝てないころ、女の子は無視して良いとのことだった。それを聞いた長老は「40点じゃ」と言った。疑問を抱く少年に、長老は理由を話した。女の子は手榴弾を持っていること。男はかなりの腕のようだということ。犬は鼻が利き待ち伏せは簡単にばれてしまうことだった。

 

   山岳地帯にて。銃のスコープを覗く少年がモトラドに乗ったキノを捉えた。さきほど同じやりとりを経て、少年はモトラド乗りが男の子に見えるが女の子でとてもかわいい、女の子一人なのだから襲うべきだと進言した。「0点じゃ」と長老。そして、一人で旅をしていることは、一人で旅ができるということで、あの子はきっと数々の修羅場を潜り抜けてきた凄腕じゃと言った。

 

   「わしらが狙うべきなのは、自分より強い人間に迂闊に手をだすような人間。ちょうどお主のようにな」と長老。話を変え、この偵察は長老の発案らしいがと少年。すると長老は昔の事を思い出した。山賊達みなで通りがかった黄色いボロボロの車を襲った。乗っていたのはヘラヘラした男と長い黒髪の美女であった。そして窓を開けた途端その二人は恐ろしい形相で銃を撃ち、あたりが血まみれとなった。二人は恐ろしい悪魔だった。「みんな、逃げろー」。過去を思い出した長老は取り乱し大声を上げた。

 


感想

 

   過去に体験した恐ろしい記憶。それゆえに賢くならざるを得なかった山賊のお話。キノの旅において主人公達は無類の強さを誇り、山賊は格好の餌食となる。それゆえにあえて手を出さない山賊は珍しい。だがそれも、過去に師匠と言うバケモノに迂闊に手を出したゆえ、慎重にならざるを得なかったのだ。

 

   銃を構えスコープを覗く男性だが、キャストには「少年」と書かれ原作小説でも同様である。だが管理人はあまり少年には見えず、青年としか思えなかった。全身が見れなかったのと声のせいだと思う。ついでにこの男性、キノを見た際に顔を赤らめている。

 

   長老は、かぶった帽子により目元が暗く斜視である。これはアニメオリジナルの設定であり、原作小説であまり容姿に触れられていない。あえてこの設定にしたのは山賊の上で賢いという点を考慮した結果か。斜視だったか定かではないが、メタルギアソリッド3の中ボスに「ジ・エンド」という老スナイパーがいる。長老のギョロリとした目は彼を思わせる。

 

   原作小説におけるこのエピソードは巻頭カラーにあたり、山の絵・シズ達の絵・キノの絵・師匠達の絵で構成される。そして面白いのがキノと師匠達の絵。キノの絵は普段のキノと違いコミカルに描かれており、男性のイメージに沿って平和そうに書かれている(こちらは黒いジャケットであり、アニメの茶色いコートを着ていない)。そして問題なのが師匠達。こちらはバケモノの形相をし、師匠と相棒に限らず車までもが目を光らせ骸骨入りの口を開ける。これに比べれば今回のアニメ化は世界観に沿って抑えられた表現だった。ここは世界観崩壊となっても、はっちゃけた表現が見せてほしかった。

 

   いろいろな国

   次話「徳を積む国」

 

 

キノの容姿と装備:茶色いコート(原作小説と異なる)
エルメスの言い間違い:なし

 

 

[ アニメ2期 ] 21:53 - | comments(0) | trackbacks(0) |2017.12.02 Saturday
スポンサーサイト

[ - ] 21:53 - | - | - |2019.10.05 Saturday









http://umidorinakoto.jugem.jp/trackback/431