キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


 
 〜 管理人コメント 〜

学園キノ6巻が2019年10月
より発売中です。学園キノは
今のところレビュー予定は
ありません。申し訳ない


キノの旅データベース
作中言語解説記事
〜それぞれ公開中です


全話リストはこちら


学園キノ(6) (電撃文庫)    


 記事検索

 全話リストはこちら



 
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
         











































<< キノの旅アニメ二期第五話(その2) 嘘つき達の国 感想 | main | キノの旅アニメ二期第六話 雲の中で 感想(ネタバレあり) >>
キノの旅漫画シオミヤイルカ版1巻 大人の国 感想

●大人の国
一言でいうと:キノが故郷から逃げ出す話
登場人物:初代キノ、少女キノ、エルメス

小説版「大人の国」ページ

 

 

 

あらすじ
   11歳の少女キノ(当時の名前を忘れた)の国に旅人が現れた。宿屋を探しているということで自分の両親が営む宿に案内した。少女キノには大人になるための手術の日が近づいていたが、初代キノとの交流でそのことに疑問を持った。そして両親にその事を話したら、両親が豹変し少女キノへの罵倒の嵐。しまいには少女キノを殺しにかかってくるが、それを初代キノが身をもって阻止、そして死んだ。再び少女キノに危機が迫るが、そこに声をかけたのは初代キノが直したモトラドのエルメスであった。少女キノはエルメスにまたがり国を脱出した。

   そして、いつもの主人公キノがそこにいた。これからどうすると聞くエルメスに、いつも通りさエルメス、旅だよとキノは答えた。

 


感想
   巻頭カラーとプロローグを終え、第一話となったのがキノの旅立ちとなるこのお話である。例外を除き、キノの旅の時系列的に最初に位置するのがこのお話であるが、これを第一話に持ってきたの小説やアニメは存在しなかった。そのことからも漫画では新しい試みがなされている。

   一番最初のコマで長髪の少女が描かれるが、原作小説を読んでいる身としては、11歳キノというより師匠を思わせる容姿である。少女キノの背は初代キノの肩ほどで、一期アニメ化の時の圧倒的な背の差と比べると縮まっている。それを見ると両者は普通に恋愛対象範囲内に思う。

   いつもの主人公キノは男に間違われることが多いが、漫画の少女キノは長髪で少女そのものであり、単純にかわいい。小説のイラスト以上に目がぱっちりとして、このお話では笑顔をいたるところで見せてくれる。

   しかし、物語は転機を迎え、両親や住人が狂気に包まれる。それまでの和やかだった作風が一転、とてもおぞましい作風の顔になる。これにより物語が転機を迎えたことがストレートに伝わってくる。これは漫画特有の感触である。これまでの各作品、小説、アニメ、そして今回の漫画。ストーリーの展開は同じであるものの、その感じ方はそれぞれ微妙に異なっている。

 

 

[ 漫画シオミヤイルカ版 ] 20:30 - | comments(0) | trackbacks(0) |2017.11.08 Wednesday
スポンサーサイト

[ - ] 20:30 - | - | - |2020.09.19 Saturday









トラックバック機能は終了しました。