キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


 
 〜 管理人コメント 〜

小説22巻を語るニコ生放送を
8/2(金)の23:00から行います
放送コミュニティはこちら


キノの旅データベース
作中言語解説記事
〜それぞれ公開中です


全話リストはこちら



キノの旅XXII
the Beautiful World
(電撃文庫)

   


 記事検索

 全話リストはこちら



 
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
         









































<< キノの旅21巻第十話 毎日死ぬ国 感想 | main | キノの旅21巻 巻末の普通のあとがき 感想 >>
キノの旅21巻エピローグ・プロローグ 見える真実b・a 感想

●見える真実 -She is Still There.-
一言でいうなら:心霊写真を撮るお話
名言:(強いてあげるものはなし)


登場人物:フォトとソウ
話の長さ:数ページ

 

 

bパートあらすじ
   そして、その老人は写真を見て静かに泣き出した。その写真には愛する妻と六十年間暮らした家の室内が写っていた。フォトの持てる力をすべて出した渾身の一枚だ。老人は息子夫婦達に言う。お前達の言いたいことは分かった。この家に帰るためにちゃんと治療を受ける。息子夫婦達が感極まって父親の手を取った。フォトの仕事は終わった。
   最後にフォトがちらりとさきほどの写真を見た。ぼんやりと老婆が写った心霊写真を。


aパートあらすじ
   写真屋のフォトの元に依頼が舞い込んできた。今回の依頼は病室の父が喜ぶ写真というものだった。病気で入院した父親は、薬を飲まなかったり医者に反抗的だったりと治療に消極的だった。そこで医者のアドバイスで、家の写真を見せれば早く家に帰りたくなるのではとなった。しかし別の人に写真を撮ってもらったのだが、その時は失敗してしまった。家の写真を見た父親はもう見たくないと言ったそうだ。父親は半年前に妻を亡くしたという。

   するとフォトは父親を家に戻してみせると宣言し、母親の写真・薄いガラスとそれを直立させられる台・強力なスタンドライト等々を用意してほしいと言った。ソウはフォトが心霊写真を作ろうとしていることに気付いた。フォトは、父親が愛する妻のいない家にはいたくないのではと言った。数日後、一同は病室で父親に写真を見せた。


感想
   心霊写真…bパートを初めて見たときは驚いたが、aパートを読んで真相が分かった。それにしても今回のフォトは、平然と嘘の写真を作っていることが意外だった。前任者が失敗しているとはいえ、さして躊躇なく嘘をつくような子だったか。まあ嘘が人を救う場合もある。しかし嘘をつく場合はそれ相応のリスク、今回の場合は心霊写真が作り物だと知れて、父親がフォトの元へ怒鳴り込んでくる可能性があるという事を覚悟しなければならない。

 

 

 

[ 小説第21巻 ] 18:05 - | comments(0) | trackbacks(0) |2017.10.15 Sunday
スポンサーサイト

[ - ] 18:05 - | - | - |2019.10.05 Saturday









http://umidorinakoto.jugem.jp/trackback/417