キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


    〜 管理人コメント 〜

毎週金曜日深夜25時頃
アニメ放映直後の時間から
二コ生配信をしています

興味がある方はぜひおこしを
放送コミュニティはこちら

全話リストはこちら




キノの旅XXI the Beautiful
World (電撃文庫)


 
CATEGORIES
 


SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
         
 記事検索
サイト誕生から間もないため不安定
なければ「全話リスト」からどうぞ









































<< キノの旅21巻第四話 読書が許されない国 感想 | main | キノの旅21巻第六話 消えた国 感想 >>
キノの旅21巻第五話 満員電車が走っている国 感想

●満員電車が走っている国 -No Pain. No Gain-
一言でいうなら:満員電車が刑罰の国
名言:(強いてあげるものはなし)

 

登場人物:キノとエルメス
話の長さ:数ページ

 


あらすじ
   鉄道網が発達した国で、キノ達は警報を鳴らす踏切にさしかかった。キノが止まると満員電車が目の前を走った。どの車両も満員で、スーツ姿の者達がまるで記録に挑戦するかのような詰め込まれていた。それが通過した後も遮断機は上がらず、次の電車が来た。その電車はさきほどと違い、とても空いていた。
   キノは、一緒に遮断機が上がるのを待っていた車の男に事情を聞いた。それによるとさきほどの空いていた電車が普通であり、満員電車だったのは「刑務所電車」なのだそうだ。それに乗っているのは素行の悪い囚人で、毎日朝夕二回、最低でも一時間運行するそうだ。


オチ
   4年前に採用され、これにより素行が悪かった囚人達も、乗らなくて済むならと刑務官のことをよく聞くようになったのだという。このアイデアは、ある旅人が故郷で一番キツかったことを話したのがきっかけだった。


感想
   う〜む、確かに満員電車が刑罰だとしたら嫌だなぁ。これについては実際にやってみても効果があるかもしれない。実は現実世界においてもこういった類の刑罰があるらしく、検索してみるといくつか出てくる。

 

 

キノの容姿と装備:不明
エルメスの言い間違い:なし(累計言い間違い数:40)
殺害人数:0(キノの累計殺害人数:245)
キノが危害を加えられそうになった回数:0(累計数:49)
国の技術レベルと特産物等:現代・鉄道
収穫:なし


 

[ 小説第21巻 ] 21:29 - | comments(0) | trackbacks(0) |2017.10.11 Wednesday
スポンサーサイト

[ - ] 21:29 - | - | - |2017.10.19 Thursday









http://umidorinakoto.jugem.jp/trackback/410