キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


   
 〜 管理人コメント 〜

毎週金曜25:00頃より
ニコ生放送をしています
放送コミュニティはこちら

全話リストはこちら
作中言語解説はこちら

キノの旅データベース
を更新しました!(9/18)


取り上げてほしいネタを
募集中!2018年末まで





キノの旅 the Animated
Series 下巻(初回限定生産)
(特典サントラCD付) [Blu-ray]


 
CATEGORIES
 


 記事検索

 全話リストはこちら


SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • (9/14画像更新)キノの旅小説22巻発売延期と今後のサイト活動、ネタ募集について
    管理人 (10/11)
  • (9/14画像更新)キノの旅小説22巻発売延期と今後のサイト活動、ネタ募集について
    CB子 (10/10)
  • (9/14画像更新)キノの旅小説22巻発売延期と今後のサイト活動、ネタ募集について
    管理人 (09/21)
  • (9/14画像更新)キノの旅小説22巻発売延期と今後のサイト活動、ネタ募集について
    陽佐倉 (09/21)
  • (9/14画像更新)キノの旅小説22巻発売延期と今後のサイト活動、ネタ募集について
    管理人 (09/20)
  • (9/14画像更新)キノの旅小説22巻発売延期と今後のサイト活動、ネタ募集について
    陽佐倉 (09/19)
  • (9/14画像更新)キノの旅小説22巻発売延期と今後のサイト活動、ネタ募集について
    管理人 (09/08)
  • (9/14画像更新)キノの旅小説22巻発売延期と今後のサイト活動、ネタ募集について
    海産物 (09/08)
  • (9/14画像更新)キノの旅小説22巻発売延期と今後のサイト活動、ネタ募集について
    管理人 (09/07)
  • (9/14画像更新)キノの旅小説22巻発売延期と今後のサイト活動、ネタ募集について
    陽佐倉 (09/06)
RECENT TRACKBACK
         









































<< キノの旅21巻第二話 美男美女の国 感想 | main | キノの旅21巻第四話 読書が許されない国 感想 >>
キノの旅21巻第三話 Nの国 感想

●Nの国 -N-

一言でいうなら:通信教育が義務教育の国
名言:「キノさん、十代中頃ですよね?」

 

登場人物:キノとエルメス
話の長さ:約10ページ
備考:三日間ルールキャンセル

 

 

 

あらすじ
   旅人は冬になると雪などで旅をすることが困難になるので、国に滞在する必要があった。数ヶ月は滞在するので、仕事を含めた生活が出来る国でなければならなかった。今回の国では同年代の人と同じ義務教育を受けることが滞在条件となった。

 

   与えられる衣食住は生活するうえで最低限なものだったが、旅人のキノにとっては夢のような環境だった。キノは高校一年生の教育課程を取ることになり、この国の子供がみなしている学校を体験した。部屋にあるコンピューターで講師の映像を見ることが学校の勉強だった。映像なので分かるところは早回ししたり、分からないところは見返したり、それでも分からなければメールで質問することができた。最低限の基準を満たせばあとは自由で、情熱があればさらに多くの勉強をしたりと自分で計画を立てることができた。キノの場合、午前中は勉強にあて午後はのんびりと過ごした。

 

   月に一度の面接の日、キノはこのシステムについて聞いてみた。この国も過去には大きな建物である学校があり、そこで大勢が一斉に勉強をするという仕組みだった。しかしこのシステムには欠点があった。十代の子がやりたい時間にやりたい事ができない、例えば星空を見るのが好きな子は学校に行くのが大変という点や、一人一人に習得度の差があるので覚えが遅い人も早い人も非効率という点、ほかにも大勢の生徒を一ヶ所に集めることで喧嘩やイジメを生み出す点が挙げられた。


   エルメスが同世代との交友関係はないのかと聞いた。いい質問だと言い面接相手がエルメスに二重丸をくれた。後日、キノのコンピューター画面に絵文字が現れた。同世代からの子からのメッセージだった。キノはあるコミュニティでメッセージのやりとりを始めた。月日が経ちキノに会いたいというメッセージがたくさん届いた。

 

   キノは黙ってコンピューターの電源を切った。窓の外では雪がすっかり溶けていた。キノはずっと壁にかかっていたゴーグルを手に取った。

 


感想
   通信教育が発達している国のお話。管理人の場合画面が相手だと怠けてしまったり、分からないことをスムーズに聞けないと思うので、うまく適応できそうにない。ただ、ありきたりの学校教育があるからこそイジメが起こっているという考え方はなるほどと思った。イジメが問題というよりも、学校教育の場がイジメを起こしているという視点。だがこのお話ではこの教育ゆえの弊害が現れなかったので、理想的な教育方法であるかは不明である。このシステムの成否については、このお話のモデルであろう「N高」が今後示してくれるだろう。

 

   冒頭、キノは入国審査官に年齢を問い詰められ、「え? いや……、まあ……、長旅で、正確な年齢は覚えていないんですが」と答えている。そして最終的には高校一年生として教育を受けることになった。大抵十代中頃で済まされている年齢だが、ここまで突っ込んで聞いてくれるのは面白い。ちなみに高校生一年生は15〜16歳の子が該当する。

 

   管理人が作成中のExcelデータベースには、一話における滞在日数の記録を設けようと思っている。"この惑星"の一年が365日か定かではないが、これにより作中でどれほど日数が経過しているかが分かる。予想では、とっくに365日を超え数年、それこそサザエさん時空な現象が起きているのではと見ている。→2018年8月現在すでにデータベースは形になり公開中です。サザエさん時空の真偽についてはデータベースをご覧になり、皆様それぞれでご判断ください。

 

 

追記

   物語のラストについて、自身のニコ生放送にて鋭い指摘が。たくさんのメッセージを受け取ったキノの心情は作中で語られないと思いきや、「窓の外の雪はすっかり溶けていた」ということは、おもうところがあって出来るだけ長く滞在したということではないか。多少雪が溶けていれば旅は続けられるのはずなのだ。管理人にはない、ちょっとした文章からいろいろ想像できてしまう指摘してくれた方はお見事としか。

 

 


キノの容姿と装備:十代中頃・ゴーグル・パースエイダー(言及のみ)
エルメスの言い間違い:なし(累計言い間違い数:48)
殺害人数:0(キノの累計殺害人数:244)
キノが危害を加えられそうになった回数:0(累計数:53)
国の技術レベルと特産物等:現代・通信教育
収穫:習得知識

 

[ 小説第21巻 ] 22:16 - | comments(0) | trackbacks(0) |2017.10.10 Tuesday
スポンサーサイト

[ - ] 22:16 - | - | - |2018.10.22 Monday









http://umidorinakoto.jugem.jp/trackback/408