キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


 
 〜 管理人コメント 〜

小説22巻を語るニコ生放送を
8/2(金)の23:00から行います
放送コミュニティはこちら


キノの旅データベース
作中言語解説記事
〜それぞれ公開中です


全話リストはこちら



キノの旅XXII
the Beautiful World
(電撃文庫)

   


 記事検索

 全話リストはこちら



 
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
         









































<< 小説20巻までの好きなものランキング | main | 管理人の好きなお話ベスト5 >>
キノの旅公式人気投票「人気の国」のレビュー

   たくさんの国が登場するキノの旅シリーズ。あなたの好きな国はどれですか? ここでは公式投票結果に対する管理人の見解をご紹介。

 


●キノの旅公式15周年スペシャル投票企画「人気の国」結果発表
開催:2015年(1〜18巻までが選考対象)
公式ページ:http://kinonotabi.com/result.html


第1位:「優しい国」
   やはり、というべきか。旅人の評判が悪かったはずが大歓迎をうけ、そのあまりに居心地の良さにキノが寝坊をしてしまうほど。ラストは国がなくなってしまうと悲しい所も物語を際立たせる。個人的には印象深いのは、この国が優しくなった理由について。この国は滅亡に伴いこの国を覚えている人が悪いイメージしかないことに悲しんだ。そこで優しく記憶を持ってもらおうとしたがなかなか旅人が来ない。そこにひょっこり現れたのがキノ。そんなドラマチックな展開が好きである。ほかにも、宿にサクラを見てキノが自分の過去を思い出すなど、注目すべきところが多い第一位納得のお話である。

 

第2位:「大人の国」
   ふむ、このお話なのか。第2位は幼いキノが故郷から逃げ出すことになる大人の国。旅立つ前のキノと初代キノの交流が描かれる。キノの世界の住人は、基本的に国のしきたりを信じて疑わない。キノも同様であったが、旅人である初代キノの素朴さに惹かれていく。だがそれは悲劇の始まりだった。大人になることに疑問を持ったキノは両親に殺されそうになり、それを庇って初代キノが命を落とす。もう死んでもいいかなと思ったキノ。それを救うは後の相棒となるエルメス。そんな主人公キノの激動の旅立ちとなるお話。丁寧かつ重要度が高いお話であり、2位という結果に異論はないが、管理人としてはどうも悲劇的で苦手な印象である。管理人としては、もっと前向きだったり美しいと思えるようなエピソードが好きである。

 

同率第3位:「船の国」
   むむ、確かにね。さきほど悲劇的なエピソードは苦手と書いたが、このエピソードも最後の展開が苦手である。このお話は主人公はシズであり、彼が船の国の命運を知った時、信条の沿って国の指導者と対峙する。だが結末は住人達の拒絶だけでなく、知り合ったティーにまで拒絶されてしまう。キノのおかげで最悪の事態だけは免れたものの、怒涛の展開は管理人は気を揉まざるを得ない。このお話の魅力はやはり正義感にあふれるシズである。キノとは異なるシズの真摯な行動にはとても好感が持てる。だがそれ故に最後の悲劇が悔やまれる。

 

同率第3位:「歌姫のいる国」
   ほう、このお話か。同率第3位となるのは歌姫のいる国。このお話はキノの旅シリーズでも異色の回と言える。キノは登場するが主人公とは言い切れず、どちらかというとキノが立ち寄った国出身の少年のエリアスが主人公である。彼はひょんなことから歌姫サラと行動を共にし、執拗に追いかけてくるキノから決死の逃走をすることになる。無類の強さを誇るキノが追いかけてくるのだから恐ろしく、ターミネーターを彷彿とさせる。しかし最後にはキノが2人救い出してくれたので一安心。管理人としては彼らがその後についてのエピソードが登場するのではと思っていたのだが、20巻を終えそれは実現していない。いずれにせよ、安住の地で暮らせていることを願う。

 

第5位:「人を殺すことができる国」
   おお、嬉しい。そう思ったのが第5位のこの国である。これまでの上位4つは話が劇的なストーリーが特徴的だが、このお話はそれらとは違い特徴のある制度をもつ国というイメージが強い。キノは人を殺しても罪にはならない国に訪れたが、そこはとても治安がよかった。するとキノに難癖をつけ殺そうとしてくるものが出現、だが彼が攻撃されることになった。禁止されていない=許されているのではない。違法ではないなら何でもやっていいというわけではないという、倫理に沿ったこの国の仕組みに驚かされた。管理人としては、やはりキノの旅とはさまざまな国を主眼に置くものあり、劇的なストーリーよりも逸品な国の仕組みを重視したいと思うので、この国が上位に来たことは大歓迎である。


   5位以降は公式ページにて。ざっとランキングを見渡して思ったことと言えば、第8位「祝福のつもり」は管理人としてはキノの旅でもっとも感動的と思っており、もう少し上位に食い込んでほしかったということ。ほかは、師匠達が国相手に大暴れする「歴史のある国」が好きなのだが12と少し低めの順位で残念ということ。上位陣が劇的なストーリーを占めているのに対し、同類のエピソードと思えるキノの贖罪の物語である「何かをするために・a」が16位なのが意外ということ。こんなかんじである。



管理人が好きなお話ベスト5はこちら

[ おすすめ記事 ] 00:21 - | comments(0) | trackbacks(0) |2017.10.05 Thursday
スポンサーサイト

[ - ] 00:21 - | - | - |2019.10.05 Saturday









http://umidorinakoto.jugem.jp/trackback/396