キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


 
 〜 管理人コメント 〜

学園キノ6巻が2019年10月
より発売中です。学園キノは
今のところレビュー予定は
ありません。申し訳ない


キノの旅データベース
作中言語解説記事
〜それぞれ公開中です


全話リストはこちら


学園キノ(6) (電撃文庫)    


 記事検索

 全話リストはこちら



 
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
         











































<< キノの旅二十巻口絵 海のない国 感想 | main | キノの旅二十巻第二話 仲の悪い国 感想 >>
キノの旅二十巻第一話 人間の国 感想

●人間の国 -the Ark-
一言でいうなら:人間が本能のままに生きている国
名言:(強いてあげるものはなし)


登場人物:シズと陸とティー
話の長さ:約30ページ
備考:他の話とリンク(お犬様扱いされた国=昔の話

 


あらすじ
   その国は隠されたように存在しティーがいなければ見逃すところだった。看板を見つけるとどこからともなく声がし、この国で十賢者と呼ばれる老人老婆の指導者達に出会った。食事の席が設けられ、シズは自分達や周辺諸国の話をした。その後、用意された一室にシズ達は案内された。部屋の設備が快適で、まだ見ぬ国内の様子や住人達に期待がかかった。

 

オチ
   シズは呆然と国の光景を眺めた。草原には、老若男女の人間が全裸でそこにいた。彼らは自由気まま、動物のように生きていた。言葉は話せないようだった。ティーはおもしろいと言った。どうしてこのような光景なったのかというと、人間という種を未来永劫残すためだという。人間は知能を持つことで争い滅亡する可能性がある。なので知能を持たせないよう、食事に薬を入れ知能の発生を防いでいるそうだ。必要なインフラは機械がやってくれる。だが機械は意思決定ができないので、自分達十賢者がいる。また今からでも住人全員に知能を与えることは可能で、その具体例が十賢者なのだという。
   また、十賢者はもともとあの人間達の一人であった。話し手の老人はあのころは幸せであり、戻りたいと言った。そして老人は毒を飲み自殺してしまった。するとほかの賢者達が現れ彼に理解を示した。さらにシズに自分達のかわりにならないか、なんならティーの席は自分が開けると言った。


感想
   本能のままの生活…。動物は本能のまま生きおそらく悩むことはない。管理人も…といった事はあまり考えないようにしている。こういったものは叶わないものであり、それよりも現状で楽しく生きる事を考えたほうがいいと思う。叶わないことばかりを考えていては、現実世界のいい所が見えなくなってしまう。現実世界だって、合法の範囲内であれば欲望のままに生きることだってできるのだ。

 

 

殺害人数:0(シズの累計殺害人数:27)
シズの主張が認められなかった回数:0(累計数:6)
国の技術レベルと特産物等:近未来
収穫:豪華な食事・快適な寝床

 

[ 小説第20巻 ] 22:41 - | comments(1) | trackbacks(0) |2017.09.27 Wednesday
スポンサーサイト

[ - ] 22:41 - | - | - |2020.05.24 Sunday
これは(旧約)聖書の話そのままですね。ある意味で比喩も何もないくらい直球で旧約聖書世界。多少順番が変わってはいますけども。
余計なことかもしれませんが、
以下、ある程度くだけた表現で聖書関連っぽいところをまとめます。

Ark ⇒モーセが十戒の書かれた石板をしまっておいた、契約の箱
※モーセ:エジプトから皆を引き連れて脱出する時、海が割れた!シーンで有名なあの人
十賢者⇒十戒を人間の形に置き換えたのだと思われる
本能のままに文明開化せずすごす人間たち⇒知恵の実を食べる前の、知恵はないものの無邪気に楽しく陽気に幸せに過ごしていた頃のアダムとイブ(の代替物、類似品)
※アダムとイブは禁じられていたのに知恵の実を勝手に食べたことで、知恵を得たのだけどそれにより羞恥心の存在も知ってしまうし、罪の意識に苛まれつつ、楽園から追放されて惨めにトボトボ移住先を探すはめになる
言葉は話せない⇒やみくもに(共通の)言葉を与えるとバベルの塔の二の舞になりかねないでしょうし。
人間という種を未来永劫残すため⇒ノアの箱舟やその他ヨナ書にも書いてあった気がするけれども、この聖書の神様は創造物に対して「せっかく創ったので壊したり喪失したりするのはもったいないなあ」「特に、秀でたツガイとその子孫だけでもそのまま種として残ればいいのに」的な考えをお持ちのようなのですよ。
おわり。

こういったことを考えると「知恵」「知能」というのはここでは「良心」「いたずら心」「欲求」「罪の意識」といった概念のことなのかなあと思ってみたりもするので、罪の概念そのものがなく無邪気で過ごせたら、幸せだろうなあと思います。失恋の悩み苦しみ葛藤なんてこれっぽっちも知らなかった、初恋でただただときめいていただけのあの頃みたいに、きっと幸せだったのかなあと思います。
仰る通り、今更元には戻れないので、今の状態でがんばって今の状態の幸せを今の状態で味わうことしか、できないのですが
でも、私たち知能がある者は互いに悩み苦しみを打ち明け合って多少気楽になったり、過去の経験談を事細かに失恋ソングにして後輩に伝えることもできますが、この賢者たちの相手は知能がないのでそれも無理。辛いですね。
話が通じる相手・まともに相談できる相手がいるなら、それだけでもとっても幸せなのですよね。
| ビビッド | 2020/01/25 3:24 AM |









トラックバック機能は終了しました。