キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


 
 〜 管理人コメント 〜

学園キノ6巻が2019年10月
より発売中です。学園キノは
今のところレビュー予定は
ありません。申し訳ない


キノの旅データベース
作中言語解説記事
〜それぞれ公開中です


全話リストはこちら


学園キノ(6) (電撃文庫)    


 記事検索

 全話リストはこちら



 
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
         











































<< キノの旅十九巻エピローグ・プロローグ 捨てる国b・a 感想 | main | キノの旅XX 感想(ネタバレあり) >>
キノの旅十九巻あとがき短編 十五歳の話 感想

●十五歳の話 -FifTenn-
一言でいうなら:ティーがアイドルになった話

 

 

内容
   あとがきとは名ばかりで、シズ達の短編ストーリーとなっている。通常のあとがきはない模様。

 

あらすじ
   私達はひらすらに旅を続けた。そして…ティーが常人の口調で私の鞄を取ってと言い、陸はそれに従った。ティーは鞄を持てきた陸に感謝し、忙しそうに家を出て行った。彼女は十五歳になっていた。
   シズ達がこの国に定住して二年が経った。この国はかつての写真を貰った国(渡す国)よりも大きく、人口を増やすために移民を誰でも受け入れていた。貧富の差が激しかったが努力次第では上を目指せる希望にあふれた国であった。シズはそこで戦闘インストラクターとして働き、傍らにティーが続いた。その際、戦闘インストラクターの生徒達がティーを可愛がり、意図せずさまざまな知識をティーに吹き込んだ。その結果、ティーの頭脳はあらゆる知識を吸収し、ある日突然「人生が面白くなった」としゃべった。ティーは高校に通い始め、その後独学で猛勉強をし、さらにアイドル歌手としてデビュー。それだけにとどまらずこの国のトップアイドルとなっていた。
   ティーが出かけたあとでシズが起きた。シズはティーの収入により働く必要がなくなりぐうたらな生活をしていた。最近のシズは家でぼーっとしているか、カード賭博に大負けするかのどちらかだった。現実は過酷だ。陸はそろそろティーをご主人に変え、シズを呼び捨てにしようと本気で考えていた。

 

オチ
   するといきなり天井を突き破って巨大な手が出現し、陸の鼻を叩いた。ここは森の中で、夢をみてうなされていた私をティーが起こしたのであった。陸はいつも通り近づいてきたシズにあいさつをすると同時に謝った。そして夢の内容をシズに話した。堕落したシズの話は省いた。
   実はシズも似たような夢を見たことがあった。ティーは建築会社の社長になり大活躍する内容だった。二人でティーの将来に思いを馳せ、無限の可能性があることを確認した。ところでその夢での自分ことシズはどうだったと聞いてきた。陸は忘れたとしらばっくれた。逆にシズにも同様の質問をしてみたところ、シズもしらばっくれたようだった。

 

感想
   最後のイラストのティーが可愛らしい。人生とは無限の可能性がある。数年前までは予想だにしなかったことが現実となる。にしても陸とシズはお互いを堕落してしまう夢を見たようだ。お互いを尊重している両者だが、実はどこかでその気を感じているのかもしれない。

 

[ 小説第19巻 ] 06:03 - | comments(0) | trackbacks(0) |2017.09.25 Monday
スポンサーサイト

[ - ] 06:03 - | - | - |2020.03.25 Wednesday









トラックバック機能は終了しました。