キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


 
 〜 管理人コメント 〜

学園キノ6巻が2019年10月
より発売中です。学園キノは
今のところレビュー予定は
ありません。申し訳ない


キノの旅データベース
作中言語解説記事
〜それぞれ公開中です


全話リストはこちら


学園キノ(6) (電撃文庫)    


 記事検索

 全話リストはこちら



 
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
         











































<< キノの旅アニメ一期第十話 機械人形の話 感想 | main | キノの旅十八巻口絵 草原の話 感想 >>
キノの旅十八巻口絵 牛の国 感想

●牛の国 -Fountain.-
一言でいうなら:ひたすら牛乳を生産している国
名言:(強いてあげるものはなし)


登場人物:キノとエルメス
話の長さ:数ページ
備考:ひと気がない国・他の話とリンク(止まった国

 

 

あらすじ
   寒々しい荒野を越えて入国すると、そこは牛だらけの牧草地で別世界であった。そして仕組みが分からないが牛たちは時たま地下へ一列になって入っていった。そこでは機械が牛乳を搾って集めていた。その国は商人達でも賑わっており、牛乳をタンクに詰めて行き来をしていた。キノが話を聞いてみると、この国は牛の国と呼ばれ人間はもういないのだという。そして牛乳はタダであり、どういう仕組か分からないが牛達は完全な管理体制がしかれているのだという。

 

オチ
   商人は不思議がったが、キノはやっぱりこの国かと呟いた。


感想
   この話だけでは真相は明かされないが、同巻「止まった国」にて経緯が明かされる。それにしても牛の動きすら制御する技術とは一体。

 

 

キノの容姿と装備:黒いジャケット(イラストのみ)
エルメスの言い間違い:なし(累計言い間違い数:40)
殺害人数:0(キノの累計殺害人数:244)
キノが危害を加えられそうになった回数:0(累計数:49)
国の技術レベルと特産物等:近未来・牛乳
収穫:なし

[ 小説第18巻 ] 22:33 - | comments(1) | trackbacks(0) |2017.09.19 Tuesday
スポンサーサイト

[ - ] 22:33 - | - | - |2020.03.25 Wednesday
牛が自ら進んで入っていく搾乳マシーンを以前テレビで見ました。
検索したら確かこれだった気がします。
http://www.j-sanchoku.net/index.php?f=&ci=10458&i=10535
絵さ+マッサージの気持ちよさで素敵な場所だと学ぶそう。
※最初に牛が入り方や居心地を学習する段階があるようです。
| ビビッド | 2020/01/25 12:22 AM |









トラックバック機能は終了しました。