キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


 
 〜 管理人コメント 〜

学園キノ6巻が2019年10月
より発売中です。学園キノは
今のところレビュー予定は
ありません。申し訳ない


キノの旅データベース
作中言語解説記事
〜それぞれ公開中です


全話リストはこちら


学園キノ(6) (電撃文庫)    


 記事検索

 全話リストはこちら



 
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
         











































<< キノの旅XVIII 感想(ネタバレあり) | main | キノの旅アニメ一期第十話 機械人形の話 感想 >>
キノの旅アニメ一期第九話 本の国 感想

●本の国 -Nothing Is Written!-
登場人物:キノとエルメス
本編約20分

備考:追加考察余地
小説版「戦車の話」ページ
小説版「本の国」ページ

 

 

 

まえがき
   このお話は時系列が入り組んだうえ、さまざまな世界が交錯したとても複雑な話となっている。そのため、各場面ごとに,反字を振っていき、スクリーンショット(いずれもニコニコ生放送タイムシフトより)を交えたあらすじを書いておく。話が混乱しやすいのであらかじめ述べておくが、最初の男はまだ本を書いたことがない。

 

 

あらすじ
\鐚屬力

   キノとしか思えない旅人が森で休んでいると、一台の戦車に出会った。浮遊戦車が「戦車を見かけなかったかい?」と聞いてきた。その戦車は最後に戦車に乗っていた人間の命令に従い探していると言う。目の前の戦車こそ、その戦車だったが旅人は言わなかった。

 

 

∨椶旅颪見える場所


   そんな本をキノは読み上げた。エルメスはモトラドが活躍しなかったことに文句を言い、これから行く国ではもっと面白い本を読みたいと言った。

 

 

砂嵐にて脱国者から本をもらう


   道中、砂嵐の中で倒れていた男に出会った。キノが水を渡すと、お礼に本を差し出された。これから行く本の国では、持ち込んだ本の冊数だけ持ち出せるそうだ。そしてその男はあの国から脱出してきたと言う。理由は本を書くことが禁止されているためだった。

 

 

タイトル
に椶旅


   キノは入国、図書館へ行き、さきほどの男の本を差し出し本を借りたいと言った。さらにここには世界中の本があると聞くが、それは読書厚生省の建物の"城"にて批評家達が認可した無害な世界中の本だけだとという。


   作家からの連絡が途絶えて三か月であり城に捉えられたのではないかと住人。キノはおもしろくなかったと図書館を出ると、受付の司書がキノが差し出した本について聞いてきた。男からもらったと言うと、司書はその男が自分の恋人だったと言う。彼女はレジスタンス「出版の会」のメンバーであり、この国でいう違法な本を作っているのだという。そして捕えられた同士を救うため、旅人から本を城へ運ぶ仕事をしていた男から城の入り口を聞き出したかったのだという。


   ところで通称"作家"という人から原稿が届かないらしい。その作家は元は城の中にいて世界中の本を読みつくし、その後一冊の本を二週間で書き「世界の全てを書き記した」といい姿を消したのだと言う。そしてその本は今も城にあるのだそうだ。またその作家は別の本を書いており、その本は人を引き付けるものがあるのだという。


   夜、エルメスを押して歩くキノ。最初に男からもらった本が作家の本なら才能ないんじゃないかとエルメス。一方であの話が面白くもっと読みたいとキノ。すると「もう読んだのかもしれないよ」とベンチに座った男。続けて男はここは本の世界であんたもモトラドも本の登場人物だったら…旅人の本があってそれを読むうちに、自分が登場人物の旅人だと思い込んでいるかもしれないと言う。あなたはと言うキノ。作家だよと男。


   すると役人から逃げる男がキノとぶつかり鍵を落とした。彼は司書に鍵を渡してくれ、作家ならそれがどこの鍵か知っていると言い逃げてしまった。キノは鍵を拾い作家がいたベンチを見るが、そこには原稿しかなかった。すると背後に役人が現れ、世界の危険な本に触発され凶悪犯罪を起こす者が出てきたと言う。本が悪いのではなく人間が悪いのではとキノ。役人は続けて、虚構と現実の区別につかなくなったり、本の登場人物に恋をしだしたので、国は彼らを治療するための隔離病棟として城を作ったのだという。虚構に飲み込まれるのは危険だと役人。

 


ヌ任鵑誓こΔ肇ノと呼ばれる少女(=原稿のお話)


   科学が発達した世界にキノと呼ばれる少女が本を読んでいた。またそんな大昔の本を読んでいるのかいと父親。本が好きとキノ。だったらちょうどいい、自動読書装置が完成した、これで本の世界が現実のように体験できる、世界が滅んで私達だけが生き残った現実なんて忘れて本の世界で生きると良いと父親。

 

 

λ椶旅駘眛


   キノは目覚め、ここは本の世界?とつぶやいた。傍らには作家の文章入りの原稿を読んだ跡があった。キノは出発すると、病気を名目に司書が逮捕されるところだった。ベンチで司書に渡すはずだった鍵を見ていると、作家が現れた。作家は鍵を手に入れたという事はキノに役回りが回ってきた、この世界は自分が書いた本の筋書き通りだと言う。そして、すべての人間は自分を主人公とする虚構を生きているのだと言う。だが世界は自分を主人公とみてくれない、それなら主人公でも脇役でもない立場になる、それが作家だと作家。


   作家が城の扉へ案内してくれた。赤い本棚を探せば「世界の全てを書き記した本」があると作家。鍵を使い扉を開けるキノ。城の中では批評家達があれこれ本に文句をつけていた。そこへ逮捕された司書達が来た。役人たちは彼女らに本を分別する批評家になれと言う。


   すると笑い声とともに「世界は牢獄だ、すべて空想の牢獄だよ」と作家の声がした。それを皮切りに争いとなった。キノは隙を突き司書に鍵と作家の原稿を渡した。そしてキノは「世界の全てを書き記した本」を見つけるが、読書厚生大臣の女性に呼び止められた。大臣によると、鍵は作家の手に渡るように仕組んでいたが、手違いでキノの元に渡った。作家はここの患者であったが、逃げ出してしまったので鍵を与えることで舞い戻ってくるよう仕向けたのだと言う。


   好きな本を持ってっていいとのことで、キノはを「世界の全てを書き記した本」をもらうことにした。また大臣曰く現在の批評家達が城にいるシステムは、うんちくを垂れるだけの輩や作品を貶(けな)して偉くなった気でいる者達であり、やつらは人の楽しみに水を差す亡者どもなので、一般人と隔離しているのだという。そして本とは個人が楽しむものだと大臣。すると役人が血相を変えて現れた。火事だと言う。血相を変える大臣。みんな本の亡者だねとエルメス。キノのは城を脱出する。

 

 

Ш討咫∨椶旅颪見える場所


   で、「世界の全てを書き記した本」の感想はとエルメス。あまり面白くない、白紙の原稿用紙だからねとキノ。「世界の全てを書き記した本」は実際は白い原稿でしかなかった。そしてキノは、あの人はもう次の国についただろうかと思い出す。

 

 

┷能蕕涼砲箸諒未


   男はキノに感謝し行くよと言った。本をもらっていいのかとキノ。すると男はもういらない、これからは自分が書くからねと言った。男は去った。キノはその本を開いた。

 

 

戦車の話


そこには戦車に出会う物語が書かれていた。

 

 

感想
このお話は場面が複雑に入り組んだ末、最後にはループしている。そこで時系列を正しく並べておきたい。

→脱国者から本をもらう
→\鐚屬里話
∨椶旅颪見える場所で、最初にもらった本を読み終える
に椶旅
ジ狭討里話
λ椶旅駘眛
Ш討咫∨椶旅颪見える場所で「世界の全てを書き記した本」を読んだ後、最初に出会った男を思い出す

 

   管理人はこのお話を何度も見返してようやく全貌が把握できた。それでも細部では理解が及んでいない。このお話のテーマは現実と虚構のようだが、そのテーマについてはうまく書き起こす自信がないので申し訳ないが差し控えさせていただく。ここからは随所で連想した点を書き連ねていく。
   世界は自分を主人公とみてくれない、それなら主人公でも脇役でもない立場になる、それが作家。というセリフからは小説の「戯言シリーズ」、特に「ヒトクイマジカル」における西東天の哲学に通ずるものがある。こぼれツイート
   世界は牢獄だ、すべて空想の牢獄だよ。というセリフからはアニメ「忘却の旋律」迷宮島編におけるモンスター"ホル"を思い出す。彼は迷宮という牢獄を生きている。彼は言う「知らなかったのか、ここは全て迷宮なのさ」。
   特徴的なオブジェクトのふもとで語り、さらにループの世界に入るキノとエルメス。これは押井守映画「イノセンス」におけるキムの屋敷突入前のバトーとトグサを思い出す。
   作中、批評家はうんちくを垂れるだけの輩、したり顔で本を採点して悦に入っている連中、作品を貶して偉くなった気でいる者達、やつらは人の楽しみに水を差す亡者どもだという。管理人もまとめブログにて感想を書いているが、彼らのようにならないよう、読んでもらった人が不快な気分にならないよう肝に銘じておきたい。

 

 

 

キノの容姿と装備:茶色のコート
エルメスの言い間違い:なし


最後に、管理人が見つけた本の国の理解を深めることができる余所様のサイトをご紹介させていただく。
いぬ日記「キノの旅 第9話『本の国』を、劇中の時系列をわざと変えて、たんたんと書いてみました」http://d.hatena.ne.jp/inu/20030611/1055339940
アニメ感想「キノの旅感想」http://www.interq.or.jp/saturn/eswat/anime/tv/kinonotabi.htm
(製作スタッフから見た本の国)

[ アニメ1期 ] 21:59 - | comments(0) | trackbacks(0) |2017.09.19 Tuesday
スポンサーサイト

[ - ] 21:59 - | - | - |2020.05.24 Sunday









トラックバック機能は終了しました。