キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


 
 〜 管理人コメント 〜

小説22巻を語るニコ生放送を
8/2(金)の23:00から行います
放送コミュニティはこちら


キノの旅データベース
作中言語解説記事
〜それぞれ公開中です


全話リストはこちら



キノの旅XXII
the Beautiful World
(電撃文庫)

   


 記事検索

 全話リストはこちら



 
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
         









































<< キノの旅十七巻エピローグ・プロローグ 渡す国b・a 感想 | main | キノの旅XVIII 感想(ネタバレあり) >>
キノの旅十七巻 カバー裏 感想

●カバー裏
一言でいうなら:もう一つのカバー表紙バージョン

 

 

内容
   通常のカバー表紙と体裁は同じだが、題名がとても長く「自分以外の旅人が犠牲になった事件からモトラドで逃げ出して、森の中の一軒家、"師匠"という正体不明の老婆に助けられて何年かしばらく二人で暮らし、最後にはモトラドのエルメスでこの世界を巡る旅に出た『大人の国』出身の若者キノの生涯と不思議で驚きに満ちた旅についての記述」となっている。

 

感想
   まあキノの旅のあらすじをまとめればこうなる。一時期ライトノベルで長文タイトルが流行した気がしたが今はどうなのか。あとタイトル以外の改編だが、表紙と同じ部分が多くちょっと中途半端な気が。

 

追記

   長いタイトルについていくつか気になることが。「最後にはモトラドの〜」とあるが、旅の部分は最後なのか。最後の文字に被さる主語が何か気になる。候補としては「物語」や「人生」などなど。ほかにも、「若者キノ」とあるが、これは端的にキノが子供ではない、神のいない国の記事で挙げた大人の手術を受けていないから永遠の子供という説の牽制になるのか。

[ 小説第17巻 ] 20:05 - | comments(0) | trackbacks(0) |2017.09.17 Sunday
スポンサーサイト

[ - ] 20:05 - | - | - |2019.09.11 Wednesday









http://umidorinakoto.jugem.jp/trackback/343