キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


   
 〜 管理人コメント 〜

毎週金曜25:00頃より
ニコ生放送をしています
放送コミュニティはこちら

全話リストはこちら
作中言語解説はこちら

キノの旅データベース
  を更新しました!





キノの旅 the Animated
Series 下巻(初回限定生産)
(特典サントラCD付) [Blu-ray]


 
CATEGORIES
 


SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
         
 記事検索

 全話リストはこちら












































<< キノの旅十七巻第十四話 私達の国 感想 | main | キノの旅十七巻 カバー裏 感想 >>
キノの旅十七巻エピローグ・プロローグ 渡す国b・a 感想

●渡す国 -Messengers-
一言でいうなら:シズの移住先が決まりかけた話
名言:(強いてあげるものはなし)


登場人物:シズと陸とティー、フォトとソウ
話の長さ:約40ページ
備考:複数主人公

 


bパートあらすじ
   出国準備を終えたシズがバギーに寄ってくる。すると、女の子の声がした。ソウに乗ったフォトだった。シズの元に寄ると、受け取ってほしいと写真を渡した。それを見たシズは素晴らしいと言い感謝した。そしてシズはバギーを発進させた。陸はこの国で自分達がしたことがどう語られるのかについて思いを馳せた。


aパートあらすじ
   シズ達はかつてないほどの大きな国に入国した。日没を迎えその光景を眺めていると、沈んじゃうという声がした。そこにはフォトとソウがいた。シズが移住先を求めて旅をしていると話すと、自分たちもそうだったとフォトが言い、ソウが役立つ情報を詳しく教えてくれた。シズは感謝し行こうとすると、記念に写真をとらせてほしいとフォトが言った。
   後日専用窓口に行くと移民申請は可能とのことだった。移住するには半年のテスト期間が設けられ、そのうちに定職や違法行為を行われなければ可能とのことだった。シズは図書館でこの国の歴史について調べ、住むに足る素晴らしい国だと分かり、申請に行くことにした。農村では人手不足だそうで、そこで受け入れ先を探してもらったところ、あっさり見つかった。受け入れ先の人達も歓迎してくれた。シズはそこでの仕事を嬉々として受け入れた。誰かの役に立つという事はシズの喜びであった。そんな生活が一週間続いた。シズはティーに学校へ行きたくないかと聞いたが、ティーは何とも言わなかった。一方で、最近出番のないバギーについて売却を切り出したら、ティーは断固反対した。
   さらに平和の日が十日も続いた。そして事件は起きた。廃棄物処理の業者が村人の目をかいくぐり土地を申請、このままでは望まない廃棄場ができてしまう。そこでシズは役場に書類を届ける役を買って出た。それはシズのバギーがあって可能だった。必要な書類を持参しシズは出発、だが行く手を廃品業者によるバリケードが封じた。目的地へ向かうにはこの道を使うしかなかった。するとティーが林道の存在を知っており、ティーの誘導のもと目的地への道が開けた。シズは目的地に急いだが、速度違反を警察に見つかってしまった。その際シズは国外追放を含め悩んだが「やれやれ」と笑顔で言い、「いいのさ」と警察を振り切った。そして役所に書類提出を果たすことができた。直後に警察に逮捕された。
   二日後、シズが村に帰ってくると、歓喜と感謝の声さらには警察へのブーイングでにぎやかだった。唯一シズは村長としゃべる機会を与えられたが、何を話したのかは分からなかった。そして荷物を回収し村を後にした。村人達はいつまでも手を振ってくれた。
裁判所の命令がでて国外退去処分となった。幸いバギーは返還された。国を出国しようとすると。


感想
   う〜む、もったえないという思いが強いが、実にシズらしい答えの出し方だと思う。廃品業者にはそれ相応の罰を与えてほしいと思うのは浅はかな考えか。

 


殺害人数:0(シズの累計殺害人数:27)
シズの主張が認められなかった回数:0(累計数:5)
国の技術レベルと特産物等:近代
収穫:フォトの写真

 

[ 小説第17巻 ] 02:43 - | comments(0) | trackbacks(0) |2017.09.17 Sunday
スポンサーサイト

[ - ] 02:43 - | - | - |2018.06.19 Tuesday









http://umidorinakoto.jugem.jp/trackback/342