キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


   
 〜 管理人コメント 〜

毎週金曜25:00頃より
ニコ生放送をしています
放送コミュニティはこちら

全話リストはこちら
作中言語解説はこちら

キノの旅データベース
  を更新しました!





キノの旅 the Animated
Series 下巻(初回限定生産)
(特典サントラCD付) [Blu-ray]


 
CATEGORIES
 


SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
         
 記事検索

 全話リストはこちら












































<< キノの旅十七巻第十三話 神のいない国 感想 | main | キノの旅十七巻エピローグ・プロローグ 渡す国b・a 感想 >>
キノの旅十七巻第十四話 私達の国 感想

●私達の国 -Welcome!-
一言でいうなら:善意の国を乗っ取った話
名言:(強いてあげるものはなし)

 

登場人物:キノとエルメス
話の長さ:数ページ

 

 

あらすじ
   入国を歓迎したのは若干十八歳の入国審査官の少女だった。許可が下りる際、近くの国の出身か、十年以上前のこの国を知っているかについて聞かれたが、キノは否定した。この国は人口千人未満の小さな国で、のどかな農村風景をキノは案内された。話の流れでかつてこの国の民は厳しい時期があったそうだ。詳しく聞いてみると、十年前まで放浪の民だったが、この国を見つけたのだと言う。


オチ
   だがこの国の先住民も余裕がなく、子供達の一時滞在程度しか認めてもらえなかった。そこで私達は国を乗っ取ることに決め、国内にいた子供達が門番の殺して城門を開き、引き入れた男達が住人を皆殺しにしたのだという。


感想
   善意に付け込み国を乗っ取った話。悪いのは乗っ取った側か、それとも油断し善意を示した先住民の方なのか。世界は残酷である。

 

 

キノの容姿と装備:不明
エルメスの言い間違い:なし(累計言い間違い数:34)
殺害人数:0(キノの累計殺害人数:245)
キノが危害を加えられそうになった回数:0(累計数:42)
国の技術レベルと特産物等:中世
収穫:なし

[ 小説第17巻 ] 23:53 - | comments(0) | trackbacks(0) |2017.09.16 Saturday
スポンサーサイト

[ - ] 23:53 - | - | - |2018.06.19 Tuesday









http://umidorinakoto.jugem.jp/trackback/341