キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


 
 〜 管理人コメント 〜

小説22巻を語るニコ生放送を
8/2(金)の23:00から行います
放送コミュニティはこちら


キノの旅データベース
作中言語解説記事
〜それぞれ公開中です


全話リストはこちら



キノの旅XXII
the Beautiful World
(電撃文庫)

   


 記事検索

 全話リストはこちら



 
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
         









































<< キノの旅十七巻第五話 割れた国 感想 | main | キノの旅十七巻第七話 楽園の話 感想 >>
キノの旅十七巻第六話 貧乏旅行の国 感想

●貧乏旅行の国 -Trouble Writer-
一言でいうなら:ネタ切れ作家のお話
名言:(強いてあげるものはなし)

 

登場人物:キノとエルメス
話の長さ:数ページ
備考:口語がメインの話

 

 

あらすじ
   この国で文筆業をしている男がキノに電話をかけてきた。電話主はキノの旅の貧乏エピソードを教えてほしいと言う。理由を聞くと、以前は電話主もキノと同じように旅をしていたのだが、ある国で旅のエピソードをまとめた文章を出版社に持ち込んだところ、貧乏旅日記というタイトルで大ヒット。そのおかげで印税が入ってお金持ちになったものの、読者が求める貧乏旅行が出来なくなってしまった。ついにはもうネタ切れで、締め切り間近なのでキノに助けてほしいとのことだった。


オチ
   そこでキノは有り金全てを持って旅に出て、それが尽きればまた貧乏旅行ができるのではと言った。電話主はそれだと声を上げた。電話を切った後エルメスにどうだったかと聞かれると、だぶん助けたと思うけどおかげで頭を抱える人は多そうだと言った。


感想
   お話で作家が出るとやはり著者のことを意識してしまう。ネタ探しは作家の永遠のテーマなのだろう。いっそのこと「遺作の国」のように開き直ってみては。

 

追記

   このお話には誤植がある。Amazonレビューにて「蒼い空」という方が"今日やってきた"キノが"明日出国"しようとしていると指摘している。キノは基本的に三日間しか滞在しないため矛盾しているわけである。管理人が持っているの小説17巻は初版なので後に修正されたかもしれない。まあ初代キノという可能性もあるが。

 

 

キノの容姿と装備:不明
エルメスの言い間違い:なし(累計言い間違い数:37)
殺害人数:0(キノの累計殺害人数:217)
キノが危害を加えられそうになった回数:0(累計数:48)
国の技術レベルと特産物等:近代(電話イラスト)
収穫:なし

 

[ 小説第17巻 ] 23:13 - | comments(0) | trackbacks(0) |2017.09.14 Thursday
スポンサーサイト

[ - ] 23:13 - | - | - |2019.09.11 Wednesday









http://umidorinakoto.jugem.jp/trackback/333