キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


 
 〜 管理人コメント 〜

小説22巻を語るニコ生放送を
8/2(金)の23:00から行います
放送コミュニティはこちら


キノの旅データベース
作中言語解説記事
〜それぞれ公開中です


全話リストはこちら



キノの旅XXII
the Beautiful World
(電撃文庫)

   


 記事検索

 全話リストはこちら



 
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
         









































<< キノの旅十七巻第四話 左利きの国 感想 | main | キノの旅十七巻第六話 貧乏旅行の国 感想 >>
キノの旅十七巻第五話 割れた国 感想

●割れた国 -Trigger Happy-(こぼれツイート
一言でいうなら:きのこ対たけのこ論争で戦争になった国
名言:(強いてあげるものはなし)

 

登場人物:キノとエルメス
話の長さ:約10ページ
備考:ひと気がない国

 

 

2018/11/8追記〜著者のきのこたけのこに対するツイートを3つ追加

 

あらすじ
   廃墟となった国の城門前で学者の風体をした男に出会った。男によると"西側住人"と”東側住人”に別れた内乱により崩壊してしまったという。徐々に過去にさかのぼる形でまとめられた国の資料をキノは読み進めた。それによると、どうやら発端は"タマネギの畑"と"おいもの大地"のどちらが好きかという事のようだった。


オチ
   男はこの国とは別の祖国から来た研究者で、その国よりお菓子が伝わったのだった。男は祖国に帰り、このお菓子は戦争をするほど美味いと宣伝するつもりだった。


感想
   いわゆる「きのこ・たけのこ」論争がきっかけで戦争に発展してしまった国。ちょっとした行き違いが大きな争いに発展する場合がある。こういった話の場合、原因となる一番過去の出来事から紹介されていくものだが、今回は徐々に過去へさかのぼる形が取られている。

   ちなみに著者の時雨沢さんは「きのこ・たけのこ」どちらが好きかと言うと…回答は著者のツイートその1その2その3その4その5にて。

 

 

キノの容姿と装備:不明
エルメスの言い間違い:なし(累計言い間違い数:37)
殺害人数:0(キノの累計殺害人数:217)
キノが危害を加えられそうになった回数:0(累計数:48)
国の技術レベルと特産物等:現代
収穫:なし

[ 小説第17巻 ] 22:43 - | comments(0) | trackbacks(0) |2017.09.14 Thursday
スポンサーサイト

[ - ] 22:43 - | - | - |2019.09.11 Wednesday









http://umidorinakoto.jugem.jp/trackback/332