キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


 
 〜 管理人コメント 〜

学園キノ6巻が2019年10月
より発売中です。学園キノは
今のところレビュー予定は
ありません。申し訳ない


キノの旅データベース
作中言語解説記事
〜それぞれ公開中です


全話リストはこちら


学園キノ(6) (電撃文庫)    


 記事検索

 全話リストはこちら



 
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
         











































<< キノの旅十七巻第三話 時計の国 感想 | main | キノの旅十七巻第五話 割れた国 感想 >>
キノの旅十七巻第四話 左利きの国 感想

●左利きの国 -Do the RIGHT Thing!-
一言でいうなら:右利きを敵視する国

名言:(強いてあげるものはなし)

 

登場人物:キノとエルメス
話の長さ:約10ページ
備考:入国拒否

 

 

あらすじ
   国の外でキノは定例の射撃訓練をしていた。右手でカノンを撃った後、左手に持ち替えてさらに撃った。どちらの手でも精度が変わらなかったので、おみごとだとエルメスは言った。
   目的の国に着くと、番兵に利き手はどちらかと聞かれた。キノが右手だというと、いきなり若い兵士が殴りかかってきた。キノはそれを躱し、そんなことをされる覚えはないと言った。もう一人の年上の兵士によると、右利きは違法なのだという。この国では左利きが多いのだが、過去に右利きの者がそれによる差別を理由に凶悪事件を起こしたため違法化、それ以来右利きの人間は憎まれているという。


オチ
   キノはこの国に滞在することをあきらめた。去り際に、世界では右利きが圧倒的に多く彼らがこの国を知ったらそうするかと言い残した。それを聞いた番兵は血相を変えた。


感想
   左利きばかりの国では通じたが、右利きが多い世界では通じない話。左利きの人間はその数的優位性から右利きを弾圧できた。しかし右利きが多い世界では弾圧される立場になってしまった。そうなってはじめて、弾圧される側の恐怖を理解した。こぼれツイート

 


キノの容姿と装備:カノン・黒いジャケット
エルメスの言い間違い:なし(累計言い間違い数:37)
殺害人数:0(キノの累計殺害人数:217)
キノが危害を加えられそうになった回数:1(累計数:48)
国の技術レベルと特産物等:現代
収穫:なし

[ 小説第17巻 ] 21:51 - | comments(1) | trackbacks(0) |2017.09.14 Thursday
スポンサーサイト

[ - ] 21:51 - | - | - |2020.06.29 Monday
タイトルのRIGHTは「右」とか「正しい」とか色々意味をひっくるめてかけていそうです。
RIGHTが「右」で「正しい」のは、古代ローマの考え方だとか。
https://tommy0102corenglish.amebaownd.com/posts/1619052
日本だと左大臣が右大臣より偉かったり、
https://style.nikkei.com/article/DGXDZO51250830R00C13A2W05001/
右と左については調べると色々面白いものです。

でもいつの時代もどこの世界も大抵、多数派が調子に乗って、少数派が理不尽な思いをするのです。そしてまた多くの人は、立場が入れ替わらないと相手の気持ちもわからないのですよね。

ところで家族が教えてくれたことがあります。
「食事の時、右利きの人と左利きの人が一人ずつの計二人居て、二人用の(ベンチのような)席に座るなら、右利きが右に、左利きが左に座るといい。そうすれば箸を動かす手が互いにぶつからないから」
共存することも工夫次第できっとできるはず。

| ビビッド | 2020/01/24 11:01 PM |









トラックバック機能は終了しました。