キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


 
 〜 管理人コメント 〜

小説22巻を語るニコ生放送を
8/2(金)の23:00から行います
放送コミュニティはこちら


キノの旅データベース
作中言語解説記事
〜それぞれ公開中です


全話リストはこちら



キノの旅XXII
the Beautiful World
(電撃文庫)

   


 記事検索

 全話リストはこちら



 
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
         









































<< キノの旅十七巻口絵 ファッションの国 感想 | main | キノの旅十七巻 あとがき 感想 >>
キノの旅十七巻口絵 遊んでいる国 感想

●遊んでいる国 -Invention-
一言でいうなら:パラグライダーが盛ん過ぎる国
名言:(強いてあげるものはなし)


登場人物:師匠と弟子
話の長さ:数ページ
 

 

あらすじ
   師匠達が国に入る際、空を飛ぶパラグライダーに乗った人達から口々にあいさつをされた。周辺は山岳地帯で、パラグライダーを楽しむ人々が二十人ほどいた。ホテルの人によると、山岳地帯での有効な交通手段が求められていた最中パラグライダーが発明され、いまでは研究も進みスタート地点よりも高く飛ぶこともできるのだという。

 

オチ
   それにより、多くの国民がパラグライダーにハマり働かない人が増えてたので、このままでは国が貧乏になってしまうのではと危惧されているという。

 

感想
   流行り過ぎてマズイのではというお話。でも現実世界でも大流行というものはあり、それでも社会は回っているのだから大丈夫なのでは…と考えてしまうのは楽観的か。パラグライダー…管理人は体験したことがないなぁ。乗るには勇気がいるし、その前にレンタルやらいろいろ手間がかかりそう。

 

 

師匠達の容姿と装備:不明
殺害人数:0(師匠達の累計殺害人数:116)
師匠達が狼藉を働いた回数:0(累計数:10)
国の技術レベルと特産物等:近未来(パラグライダーの上昇技術)・パラグライダー
収穫:なし

[ 小説第17巻 ] 22:18 - | comments(0) | trackbacks(0) |2017.09.12 Tuesday
スポンサーサイト

[ - ] 22:18 - | - | - |2019.09.11 Wednesday









http://umidorinakoto.jugem.jp/trackback/326