キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


 
 〜 管理人コメント 〜

学園キノ6巻が2019年10月
より発売中です。学園キノは
今のところレビュー予定は
ありません。申し訳ない


キノの旅データベース
作中言語解説記事
〜それぞれ公開中です


全話リストはこちら


学園キノ(6) (電撃文庫)    


 記事検索

 全話リストはこちら



 
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
         











































<< キノの旅アニメ一期第七話 コロシアム(後編) 感想 | main | キノの旅XVII 感想(ネタバレあり) >>
キノの旅アニメ一期第八話 魔法使いの国 感想

●魔法使いの国 -Potentials of Magic-
登場人物:キノとエルメス
本編約20分
小説版「魔法使いの国」ページ


あらすじ
 私はいつも夢で空を飛んでいる。ニーミャはフィアンセの掛け声で目が覚めた。フィアンセが言うことを無視してニーミャはあれが完成したので国長に許可を取りに行くと言う。すると旅人が国を訪れたとの警笛が鳴った。そして彼女は住んでいる倉庫から出発した。昔この家では「魔法使い」、別の国で言うところの建国の神様と呼ばれる存在がいた。彼は外国に留学してからこの国に戻ったが、住人と話が合わなくなってしまったらしい。この国で役立つことは、収穫量を増やす技術などだけだった。そしてその魔法使いは寂しく死んでいった。
 そんな折、ニーミャの両親は死に叔母に引き取られた。財産を奪った叔母は、安値で買った魔法使いの倉庫に私を住まわせた。だがそれがニーミャを変えた。倉庫で暮らすようになったニーミャは老人が書き残した百科事典であり、外の世界で得た知識すべてであった。それから私はいろんな装置を作った。その後20歳になった私は、私をだましていた叔母から家と財産を取り戻した。そして子供のころに思った夢の「空を飛びたい」を実現したいと思うようになった。


 ニーミャは国長のもとへ行き、飛行機を飛ばすために必要な銅像の撤去を訴えた。しかしいつも通り退けられた。その光景をキノが見ていた。キノが国長の元を後にすると、銅像を眺めているニーミャを見つけた。ニーミャは先ほどの件についてキノに事情を話すべく、キノ達を倉庫へ案内した。そして作り上げた飛行機を見せた。叔母から取り戻した財産を使い、ここまで作り上げたという。
 次の日、国長と国の衆が押しかけ、近隣の苦情により飛行機が解体されることが決定されたと言われた。そしてそれは明日行使されるという。ニーミャはエルメスにあれは飛ぶかと聞き、エルメスは飛ぶと言った。だがやはり銅像が障害だった。そこで対策を考えていると、キノの思いつきが基でいい作戦を思い出した。
 日の出の前、ついに飛行機を飛ばす作戦を実行に移した。銅像の前にはそれを乗り越えるための大きな土台があった。そしてついに飛行機は飛び立った。ニーミャの念願がついにかなったのだ。そして着陸するためには銅像をどける必要があるとキノが言い、みなが銅像をどけた。
 無事着陸したニーミャに、みなが魔法使いだとひれ伏した。それを見たキノは話がややこしくなりそうなのでさっさと出国した。エルメスを走らせているキノは、まさかあの機械が飛ぶとは思わなかったと言った。

 

感想
 原作ではキノ視点の物語であったが、アニメではニーミャ視点の物語として大幅に改編されている。
 ニーミャはこんな顔をしているのか。イメージと違いずいぶん可愛らしい。アニメでは随所でニーミャが発明した機械が出ており、アニメ的に退屈しない作りとなっている。
 滑走路を塞ぐ銅像は10階建ての建物ぐらいの大きさな気がする。管理人の小説でのイメージではハチ公の像程度かと思っていたのだが、ここまででかかったのか。
 作中、キノはこれまでの国で機械が飛んでいる国は見たことがないという。今後、ホヴィーやらが出てくるキノの旅において、時系列考察の貴重な手がかりである。

 

 

キノの容姿と装備:茶色のコート
エルメスの言い間違い:なし

[ アニメ1期 ] 20:06 - | comments(0) | trackbacks(0) |2017.09.12 Tuesday
スポンサーサイト

[ - ] 20:06 - | - | - |2020.03.25 Wednesday









トラックバック機能は終了しました。