キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


 
 〜 管理人コメント 〜

小説22巻を語るニコ生放送を
7/19(金)の23:00から行います
放送コミュニティはこちら


キノの旅データベース
作中言語解説記事
〜それぞれ公開中です


全話リストはこちら



キノの旅XXII
the Beautiful World
(電撃文庫)

   


 記事検索

 全話リストはこちら



 
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
         









































<< キノの旅十六巻第一話 死人達の国 感想 | main | キノの旅十六巻第三話 飲酒運転の国 感想 >>
キノの旅十六巻第二話 育てる国 感想

●育てる国 -Stand by me!-
一言でいうなら:映画スターのための養子に勧誘される話
名言:「たぶん、えいがより、おもしろい」

 

登場人物:シズと陸とティー
話の長さ:約20ページ

 

 

あらすじ
 釣りが下手なシズの代わりにティーが手榴弾を川に投下、魚を爆殺することで漁をした。いつもの旅の光景だが、今後旅で移住先を決めることはティーのためにもなる。シズも自分自身を含めそれを望んでいるが、警戒されているためかなかなか決まらない。陸はそれに対し想いを馳せる。
 入国した国で移住をするには、国民の家族になる以外ほぼ不可能とのことだった。やむをえないのでおいしい食事を取り貴重な国での滞在を満喫していた。この国では各所で映画の宣伝がなされていた。ティーに映画を見たいかと聞くと、実際の旅のほうがおもしろいとティーは答えた。
 さきほどからなにやら盗撮されているようだった。だが隠し撮りの犯人は素人らしく目的が不明だった。そしてホテルを出ようとした矢先、夫婦が話しかけてきた。どうやら盗撮の写真を見てティーを養子にしたいという。するとそれはやめるべきだと女性の声がした。彼女は最初に話しかけてきた夫婦の娘で、望まない映画スターにされそうになり絶縁したそうだ。シズはティーを養子に出すのを断った。するとまわりの人から自分の養子にならないかと口々に言われた。その光景を見て映画よりおもしろいとティーは言った。


オチ
 ティーはシズに手を伸ばし、それにシズが応じた。そしてシズはティーをバギーに案内した。陸はその光景を名シーンだと思った。


感想
 子供が両親により望まぬ映画スターにならされそうになった話。過去回の「過保護」に通じるものがあるが、子供は立派に独立を果たしたので一安心。

 

 

殺害人数:0(シズの累計殺害人数:27)
シズの主張が認められなかった回数:0(累計数:5)
国の技術レベルと特産物等:近代・映画
収穫:豚肉料理・アイスが乗ったチーズケーキ

 

[ 小説第16巻 ] 19:32 - | comments(0) | trackbacks(0) |2017.09.10 Sunday
スポンサーサイト

[ - ] 19:32 - | - | - |2019.06.09 Sunday









http://umidorinakoto.jugem.jp/trackback/313