キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


 
 〜 管理人コメント 〜

小説22巻を語るニコ生放送を
7/19(金)の23:00から行います
放送コミュニティはこちら


キノの旅データベース
作中言語解説記事
〜それぞれ公開中です


全話リストはこちら



キノの旅XXII
the Beautiful World
(電撃文庫)

   


 記事検索

 全話リストはこちら



 
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
         









































<< キノの旅十六巻口絵 昼と夜がある国 感想 | main | キノの旅十六巻第一話 死人達の国 感想 >>
キノの旅十六巻口絵 転がっている国 感想

●転がっている国 -Take Free If You Can!-
一言でいうなら:積みきれないほど携帯食料がある話
名言:(強いてあげるものはなし)


登場人物:キノとエルメス
話の長さ:数ページ
備考:ひと気のない国

 

 

あらすじ
 キノとエルメスは廃墟になった国にいた。そこは理由は知らないが放棄されてしまった国だった。そして目の前には山積みになった携帯食料があった。さらにそんな倉庫が何棟もあった。

 

オチ
 エルメスに今からトラックになるんだとキノ。今までで最大のムチャだとエルメス。キノは名残惜しそうに国を後にした。


感想
 また住めるのに放棄された国か…。そんな事例はこれまでに「つながっている国」「過去のある国」があった。一体何があったのか、もしかしたらどこかで補完されていたりするのか。今すぐにはできないがいつか吟味してみたい。

 

 

キノの容姿と装備:不明
エルメスの言い間違い:なし(累計言い間違い数:37)
殺害人数:0(キノの累計殺害人数:48)
キノが危害を加えられそうになった回数:0(累計数:45)
国の技術レベルと特産物等:現代
収穫:積めるだけの携帯食料

 

[ 小説第16巻 ] 22:05 - | comments(0) | trackbacks(0) |2017.09.09 Saturday
スポンサーサイト

[ - ] 22:05 - | - | - |2019.06.09 Sunday









http://umidorinakoto.jugem.jp/trackback/311