キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


 
 〜 管理人コメント 〜

小説22巻を語るニコ生放送を
7/19(金)の23:00から行います
放送コミュニティはこちら


キノの旅データベース
作中言語解説記事
〜それぞれ公開中です


全話リストはこちら



キノの旅XXII
the Beautiful World
(電撃文庫)

   


 記事検索

 全話リストはこちら



 
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
         









































<< キノの旅XV 感想(ネタバレあり) | main | キノの旅十五巻口絵 白い国 感想 >>
キノの旅十五巻口絵 見つけてしまった国 感想

●見つけてしまった国 -Eureka!-
一言でいうなら:温泉を掘り当てた国の行方
名言:(強いてあげるものはなし)


登場人物:師匠と弟子、シズと陸とティー、キノとエルメス
話の長さ:数ページ
備考:三者三様

 

 

あらすじ
 師匠達が入国した国では白い湖があった。だがその白くて熱いお湯のおかげで魚は育たないし作物は枯れるのだという。師匠はこれを温泉だと言い、お風呂として利用すればたくさんお客さんが来てくれると言った。だが住人達は信じていないようなので、師匠は相棒の男に入るように命じる。男は渋々と全裸になって温泉に入り、「あー、気持ちいい」と言った。

 

 シズ達が入国した国では白い湖があり、その白くて熱いお湯のおかげで温泉街として潤っていた。聞くところによると温泉のおかげで儲かってしょうがなく、やがては近隣の住人を雇って自分達は楽をするのだという。残念なことだとシズは言い、一行は温泉(注・混浴ではなかった)に入った後に出国した。

 

 キノ達が入国した国では普通の湖があった。その周辺では使われてしまわなくなった建物が並んでいた。かつて温泉街として栄えたが、少し前の地殻変動で温泉が枯渇してしまい、稼いだお金は建設費などに消え、元の貧乏国家として暮らしているとのことだった。だが住人達はそれでよかった、稼いでいたときが狂っていたと振り返る。


オチ
 エルメスが湖の砂場に砂金があることに気付き、この事を住人達に言うかキノに聞いた。キノは答えた。


感想
 教訓を得たと思ったら再び悪しき歴史が繰り返されそうなお話。最後にキノは住人達に話したのだろうか? 不干渉のキノだから話さなかった気がするが。

 

 

キノの容姿と装備:茶色のコート
殺害人数:0
国の技術レベルと特産物等:近代・温泉
収穫:温泉に入れた・キノは砂金を入手した?

 

[ 小説第15巻 ] 23:12 - | comments(0) | trackbacks(0) |2017.09.06 Wednesday
スポンサーサイト

[ - ] 23:12 - | - | - |2019.06.09 Sunday









http://umidorinakoto.jugem.jp/trackback/299