キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


 
 〜 管理人コメント 〜

学園キノ6巻が2019年10月
より発売中です。学園キノは
今のところレビュー予定は
ありません。申し訳ない


キノの旅データベース
作中言語解説記事
〜それぞれ公開中です


全話リストはこちら


学園キノ(6) (電撃文庫)    


 記事検索

 全話リストはこちら



 
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
         











































<< キノの旅アニメ一期第五話(その1) レールの上の三人の男 感想 | main | キノの旅アニメ一期第五話(その3) 多数決の国 感想 >>
キノの旅アニメ一期第五話(その2) 仕事をしなくてもいい国 感想

●仕事をしなくてもいい国 -Workable-
登場人物:キノとエルメス
本編約5分
小説版「仕事をしなくてもいい国」ページ

 


あらすじ
 科学技術がとても発達した国に来た。自動機械に乗り行きたいところへ連れて行ってもらった。自動機械は室内ですら作動した。次の日、街を見ると住人達が乗った自動機械のラッシュアワーであった。この国は機械技術が発達しているため仕事をする必要がないはずだが。自動機械に頼みこの国の人たちが向かったところへ連れて行ってもらった。そこでは多くの人が机に向かいなにか作業をしていた。休憩時間に働いていた男に何をしているのかと聞いてみると、仕事をしているのだという。理由はストレスをもらうためだそうだ。具体的には機械の計算等の作業の再確認をしているらしい。そしてそのストレスの度合い次第で多くのポイントがもらえるそうだ。人間楽だけではいけない、ある程度のつらい思いをしなければダメ人間になる。人をぐうたらにしないために必要なのが仕事だという。


感想
 タクシーのような自動機械はこんなデザインだったのか。管理人はガラス張りのカプセルのようなものを想像していたのだが、アニメでは巨大なスケボーの板にセグウェイの持ち手を付けたようなものだった。

 小説では触れられなかったが、アニメでは仕事の内容が具体的に述べられている。

 


キノの容姿と装備:茶色のコート
エルメスの言い間違い:なし

[ アニメ1期 ] 23:01 - | comments(0) | trackbacks(0) |2017.09.05 Tuesday
スポンサーサイト

[ - ] 23:01 - | - | - |2020.03.25 Wednesday









トラックバック機能は終了しました。