キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


 
 〜 管理人コメント 〜

学園キノ6巻が2019年10月
より発売中です。学園キノは
今のところレビュー予定は
ありません。申し訳ない


キノの旅データベース
作中言語解説記事
〜それぞれ公開中です


全話リストはこちら


学園キノ(6) (電撃文庫)    


 記事検索

 全話リストはこちら



 
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
         











































<< キノの旅十四巻第十一話 卑怯者の国 感想 | main | キノの旅十四巻 あとがき 感想 >>
キノの旅十四巻エピローグ・プロローグ 朝日の中でb・a 感想

●朝日の中で -the Dawn-
一言でいうなら:待望の朝日を見る話
名言:「"当たり前"とは、他人にとっては当たり前じゃないんだよ、エルメス」

 

登場人物:キノとエルメス
話の長さ:数ページ
備考:口語がメインの話(bパートのみ)

 

 

bパートあらすじ
 キノとエルメスは昇る朝日を見ていた。キノの前にいる女性たちもそれを見て、号泣していた。「でもさ―」とエルメスが言いかけ、キノがそれを制止した。


aパートあらすじ
 キノが女性の旅人である理由で護衛の依頼が来た。護衛対象は女性三人で、この国より東の山岳地帯をひたすら進むのだという。雪だらけだとキノが言うと、雪上車で雪山を登れルートも開拓されているのだそう。また護衛が必要なの理由は盗賊ではなく動物だそうで、ライフルが撃てる同行人が必要だという。さらに女性グループなので男性は控えたかったそう。この計画は十年も貯めた大金により実現したそうだ。エルメスがそこまでしてなにをしに行くのかと聞くと、日の出を見たいそうだ。この国の朝は霧か雨になってしまい、住人皆が生まれてから一度も日の出を見たことがなかった。キノなんて晴れた日はいつも見ているとエルメス。それに対してキノは名言を言う。

 

感想
 bパートでエルメスが言いかけた言葉は、aパート最後を踏まえ「でもさ―自分たちはいつも見ている光景だけどね」といった旨の台詞だと思われる。自分たちにとっては何気ない生活の一部が、ほかの人からはとても貴重なことがあるのだ。

 


キノの容姿と装備:防寒着・色の濃いゴーグル・フルート
エルメスの言い間違い:なし(累計言い間違い数:35)
殺害人数:0(キノの累計殺害人数:48)
キノが危害を加えられそうになった回数:0(累計数:45)
国の技術レベルと特産物等:現代
収穫:燃料や食料の物品・護衛中の食事と弾代

[ 小説第14巻 ] 00:33 - | comments(0) | trackbacks(0) |2017.09.05 Tuesday
スポンサーサイト

[ - ] 00:33 - | - | - |2020.09.19 Saturday









トラックバック機能は終了しました。