キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


 
 〜 管理人コメント 〜

学園キノ6巻が2019年10月
より発売中です。学園キノは
今のところレビュー予定は
ありません。申し訳ない


キノの旅データベース
作中言語解説記事
〜それぞれ公開中です


全話リストはこちら


学園キノ(6) (電撃文庫)    


 記事検索

 全話リストはこちら



 
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
         











































<< 「キノの旅」感想 全話リスト | main | キノの旅十四巻口絵第一話 情操教育の国 感想 >>
キノの旅XIV 感想(ネタバレあり)

●キノの旅 -the Beautiful World-
「あなたを幸せにするのは 最後はいつだってあなただ」 -You Are Always With You.-
発売日:2011年10月10日
登場人物:キノとエルメス、シズと陸とティー、師匠と弟子

 

 

2018/7/3以後周辺〜巻全体を通し記事を加筆修正

 

この巻について
 キノの旅で度々テーマになる大人と子供の対立。その終着点だと感じるのが口絵第一話「情操教育の国」。管理人はこのお話が好き、というより正しいと思う。ほかにもツイッターらしき形式で綴られる戦争日記「呟きの国」、このお話はネット上では男女が戦争しているというのが通説である。そのほか、50年の健康が保障される「寄生虫の国」、平和を実現するために戦争する「正しい国」などなど。

 そしてカバー裏にはあとがきカルタなるものが。

 


目次
プロローグ「朝日の中で・b」
口絵第一話「情操教育の国」(複数主人公)
第二話「呟きの国」
第三話「規制の国」
第四話「開運の国」(師匠のお話)
第五話「遺作の国」
第六話「亡国の国」(シズのお話)
第七話「結婚の国」
第八話「寄生虫の国」
第九話「差別をする国」
第十話「正しい国」
第十一話「卑怯者の国」
エピローグ「朝日の中で・a」
あとがき

カバー裏 あとがきカルタ

[ 小説第14巻 ] 21:37 - | comments(0) | trackbacks(0) |2017.09.01 Friday
スポンサーサイト

[ - ] 21:37 - | - | - |2020.03.25 Wednesday









トラックバック機能は終了しました。