キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


 
 〜 管理人コメント 〜

学園キノ6巻が2019年10月
より発売中です。学園キノは
今のところレビュー予定は
ありません。申し訳ない


キノの旅データベース
作中言語解説記事
〜それぞれ公開中です


全話リストはこちら


学園キノ(6) (電撃文庫)    


 記事検索

 全話リストはこちら



 
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
         











































<< キノの旅アニメ一期第三話(その3) 悲しい国 感想 | main | キノの旅アニメ一期第四話プロローグ 紅い海の真ん中で 感想 >>
キノの旅アニメ一期第三話エピローグ 予言の国・そして満天の星の下にて・a 感想

●予言の国・そして満天の星の下にて・a -(なし)-
登場人物:キノとエルメス
本編約3分

 

 

あらすじ
 予言の国を出国、夜になった。その時、近くを戦車が通った。キノの元にひとりの兵士が近づき事情を話した。そして先の予言の国を滅ぼすのだという。予言の解釈は違うが、彼らも予言の書に基づき行動するのであった。
 予言が当たったのか外れたのかいったいどっちとエルメス。さあね、星にでも聞いてみようかとキノ。(満天の星の下で・bに続く)

 

感想
 予言の国の後日談であり、こちらは原作小説通りのオチとなっている。
 思えばアニメキノの旅第三回放送は「悲しい国」で悲しい詩が作られ、予言の国にそれが伝わり、さらにエピローグで別の解釈の予言を実行するという、悲しい詩をキーとした一連のエピソードで綴られている。

 

 

キノの容姿と装備:黒いジャケット
エルメスの言い間違い:なし

[ アニメ1期 ] 21:28 - | comments(0) | trackbacks(0) |2017.08.28 Monday
スポンサーサイト

[ - ] 21:28 - | - | - |2020.03.25 Wednesday









トラックバック機能は終了しました。