キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


 
 〜 管理人コメント 〜

小説22巻を語るニコ生放送を
7/19(金)の23:00から行います
放送コミュニティはこちら


キノの旅データベース
作中言語解説記事
〜それぞれ公開中です


全話リストはこちら



キノの旅XXII
the Beautiful World
(電撃文庫)

   


 記事検索

 全話リストはこちら



 
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
         









































<< キノの旅十二巻第十話 雲の前で 感想 | main | キノの旅十二巻 あとがき 感想 >>
キノの旅十二巻エピローグ・プロローグ 幸せの中でb・a 感想

●幸せの中で -Birth-
一言でいうなら:体の予備を育てる国
名言:「センターはそれからよ」


登場人物:キノとエルメス
話の長さ:約10ページ
備考:追加考察予定

 


bパートあらすじ
   大きな病院の前にさしかかった。夫婦のうちの妻がキノに、三人目の子供が生まれたと喜んで言った。おめでとうとキノ。じゃあこれからセンターにいくのとエルメス。妻は二人の子供たちに見せた後でセンターに行くと言った。


aパートあらすじ
   キノとエルメスは科学が発達した国を訪れた。そして、監視カメラや自動パースエイダー迎撃装置が厳重に備え付けられている通称「センター」にやってきた。そこには大量のガラス瓶があり中には老若男女が意図的に思考がない状態で育成されていた。彼らは予備であり、国の住人が負傷した際に彼らの肉体パーツを移植するのであった。そしてそれは夫婦間において三番目と四番目に生まれた子供が担うのであった。見学を終えキノとエルメスはセンターを後にした。


感想
   最後の名言は反応に困る。妻の言っている事は、三人目が生まれたから予備パーツとしてこれから育ててもらう、ということなのだから。
   自分が何かあったときのために別の体を育てておき、必要なときにその体から移植する。類似の内容が洋画「アイランド」あったな(補足ツイート)。
   エルメスが言い間違いをするのだがなんといったのかは明かされていない。それを聞いたキノは分かりにくいが言い得ている反応している。そこから察するに…何か思いついたら書いてみる。

 

 

キノの容姿と装備:リヴォルバー
エルメスの言い間違い:?→正:子供が想像する未来都市(累計言い間違い数:30)
殺害人数:0(キノの累計殺害人数:35)
キノが危害を加えられそうになった回数:0(累計数:34)
国の技術レベルと特産物等:近未来
収穫:なし

[ 小説第12巻 ] 20:30 - | comments(0) | trackbacks(0) |2017.08.27 Sunday
スポンサーサイト

[ - ] 20:30 - | - | - |2019.06.09 Sunday









http://umidorinakoto.jugem.jp/trackback/256