キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


 
 〜 管理人コメント 〜

小説22巻を語るニコ生放送を
8/2(金)の23:00から行います
放送コミュニティはこちら


キノの旅データベース
作中言語解説記事
〜それぞれ公開中です


全話リストはこちら



キノの旅XXII
the Beautiful World
(電撃文庫)

   


 記事検索

 全話リストはこちら



 
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
         









































<< キノの旅十二巻第一話 正義の国 感想 | main | キノの旅十二巻第三話 求める国 感想 >>
キノの旅十二巻第二話 悪魔が来た国 感想

●悪魔が来た国 -Talk of the Devil.-(目次記述-Take of the Devil.- 参考URL
一言でいうなら:バターには二種類の使い方がある話
名言:(強いてあげるものはなし)

 

登場人物:キノとエルメス
話の長さ:約10ページ
備考:三日間ルールキャンセル(半日)・世界地理描写

 


あらすじ
   この世界は自分たちの国しかなく、外の世界では存在できないと思っていた。そんな時キノとエスメスがやってきた。国中が大騒ぎとなった。首長が名乗り出てキノと食事をすることとなった。キノは首長の奥さんが腰に下げていたバターの匂いに気付き、バターをもらった。

 

オチ
   キノがバターをパンに塗りつけて食べた。化粧品であるバターを食べたのだ。そして国の住人はキノを悪魔だと確信した。悪魔なら国外で生きていけるのも納得だということで、住人達はキノに話しかけた。どこから来たのかと聞くとずっと東から来たのだと答えた。
   キノは三日間の滞在を希望したが、悪魔は夜になるとコウモリやモグラに姿を変え、人間を襲うと木に変えてしまうので断った。キノは仕方ないので出国した。

 

   この話をした人について、また隣のおじさんが木彫りの人形に話しかけているわと近所の人が噂をした。


感想
   最後のオチでこの話は男が木彫り人に話していた内容だと判明する。この話は本当にあったことなのか。キノが登場する以上は真実の話のはずだ。一方で作中に、悪魔は人間を襲い木にしてしまうとある。もしかしたら木彫りと悪魔は関係あるのかもしれない。
   なぜエルメスがしゃべるのかという質問に、おしゃべりだからとキノは返している。

 

 

キノの容姿と装備:不明
エルメスの言い間違い:なし(累計言い間違い数:26)
殺害人数:0(キノの累計殺害人数:35)
キノが危害を加えられそうになった回数:0(累計数:33)
国の技術レベルと特産物等:中世
収穫:食事

 

[ 小説第12巻 ] 22:39 - | comments(0) | trackbacks(0) |2017.08.24 Thursday
スポンサーサイト

[ - ] 22:39 - | - | - |2019.10.05 Saturday









http://umidorinakoto.jugem.jp/trackback/247