キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


 
 〜 管理人コメント 〜

小説22巻を語るニコ生放送を
8/2(金)の23:00から行います
放送コミュニティはこちら


キノの旅データベース
作中言語解説記事
〜それぞれ公開中です


全話リストはこちら



キノの旅XXII
the Beautiful World
(電撃文庫)

   


 記事検索

 全話リストはこちら



 
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
         









































<< キノの旅十二巻カバー裏 寄付の国 感想 | main | キノの旅十二巻口絵 パクリの国 感想 >>
キノの旅十二巻口絵 山賊達の話 感想

●山賊達の話 -Can You Imagine!-
一言でいうなら:師匠達を教訓に偵察する話
名言:「〜。"一人で旅をしている"ということは、"一人で旅ができる"というこのなのじゃよ。〜」

 

登場人物:キノとエルメス、シズと陸とティー、師匠と弟子
話の長さ:数ページ
備考:三者三様

アニメ二期「山賊達の話」ページ

 

 

あらすじ
   山賊の長老と少年は山の頂上で襲うべき相手を探していた。
   シズ達を発見した。少年は襲うべきだと提言するが、老人は止めた。シズの強そうな風貌や、ティーが手榴弾とグレネードランチャ―を持っていること、犬の陸の鼻が利くであろうことからであった。
   キノ達を発見した。少年はキノを少女だと確信し襲うべきだと鼻息を荒くするが、老人は止めた。少女が旅をしているということは、それができるだけの実力があるのだと言った。
   そして老人は、自分たちが狙うべきは実力を勘違いして自分よりも強い人間にうかつに手を出すような奴だと言った。ところでと少年は、このように見張りをたてるようになったのは長老が襲撃チームになった時だそうだがと聞いた。老人は当時のことを思い出した。

 

オチ
   師匠と弟子を発見し襲った。彼らは恐ろしい悪魔だった。長老はその時のことを思い出すと、うろたえ叫びだした。


感想
   師匠達を襲ったが故に賢くならざるを得なかった山賊のお話。それぞれの特徴的なイラストともに、そんなに悪魔的に師匠達が強かったのかと思うと笑いがこみあげてくる。

 

 

キノの容姿と装備:黒いジャケット・リヴォルバー
殺害人数:師匠達2人以上、おそらくもっと大きな被害のはず(師匠達の累計殺害人数:44)
国の技術レベルと特産物等:国外
収穫:なし

 

[ 小説第12巻 ] 22:25 - | comments(0) | trackbacks(0) |2017.08.23 Wednesday
スポンサーサイト

[ - ] 22:25 - | - | - |2019.10.05 Saturday









http://umidorinakoto.jugem.jp/trackback/243