キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


 
 〜 管理人コメント 〜

小説22巻を語るニコ生放送を
7/19(金)の23:00から行います
放送コミュニティはこちら


キノの旅データベース
作中言語解説記事
〜それぞれ公開中です


全話リストはこちら



キノの旅XXII
the Beautiful World
(電撃文庫)

   


 記事検索

 全話リストはこちら



 
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
         









































<< キノの旅十一巻第五話 学校の国 感想 | main | キノの旅十一巻第七話 戦う人達の話 感想 >>
キノの旅十一巻第六話 道の話 感想

●道の話 -Passage-
一言でいうなら:世界滅亡のために道をつなぐ話
名言:(強いてあげるものはなし)

 

登場人物:キノとエルメス
話の長さ:約30ページ
備考:徒労な話・世界地理描写

 

 

あらすじ
   やたら良い道があるという噂は本当だった。その道を使い快適にエルメスを走らせた先に国があった。この国の番人によると、この道は国が作ったのではなく、ある旅団が作ったのだという。彼らは約300人おりキャラバンのように移動、国に依頼されてるわけでもなく自ら各地で道を作っているそうだ。そして、なぜそんなことをしているのかというと、皆の役に立つためだという。

 

オチ
   その答えに納得のいかなかったキノは、国の外でもう一度彼らに聞いてみた。すると世界を滅亡させるためという答えが返ってきた。もともと先祖は酷い環境の国に住んでおり、それゆえにこの世界を呪った。そしてそのために世界の国々を道でつなぎ発展させ、その発展を世界中に至らせ世界の資源を喰い尽くすことで世界を滅亡させるのだという。
   このまま道を作っても世界滅亡に至るまで長い時間がかかるのは理解している。だが科学技術の発展も目の当たりにしており、目的達成が近づいているのが嬉しいと言う。


感想
   環境保護と反目する資源開発。今良かれと思っている開発が、数年後には多大な悪影響を及ぼす可能性がある。

   作中、男が例え話として十人が住める小さな島に十五人がいたらと言う話をするが、これは先のアジン(略)の国での比率と一致しているとの指摘が(参考URL:2ちゃんねる「時雨沢恵一総合スレ58 アリソンリリアトレイズキノ」https://love6.5ch.net/test/read.cgi/magazin/1190631949/814-)。

 


キノの容姿と装備:十代の中頃・黒いベスト・ゴーグル・カノン・鞄
エルメスの言い間違い:岡目八目は正解(累計言い間違い数:24)
殺害人数:0(キノの累計殺害人数:23)
キノが危害を加えられそうになった回数:0(累計数:31)
国の技術レベルと特産物等:現代
収穫:お祭りでの食事・旅団に届けるまで食べていいパン

 

[ 小説第11巻 ] 19:49 - | comments(0) | trackbacks(0) |2017.08.21 Monday
スポンサーサイト

[ - ] 19:49 - | - | - |2019.06.09 Sunday









http://umidorinakoto.jugem.jp/trackback/233