キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


    〜 管理人コメント 〜

毎週金曜日深夜25時頃
アニメ放映直後の時間から
二コ生配信をしています

興味がある方はぜひおこしを
放送コミュニティはこちら

全話リストはこちら




キノの旅 the Animated Series
上巻(多数決ドラマ特典Blu-ray付)


 
CATEGORIES
 


SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
         
 記事検索
サイト誕生から間もないため不安定
なければ「全話リスト」からどうぞ













































<< キノの旅十一巻口絵 子供の国 感想 | main | キノの旅十一巻第一話 つながっている国 感想 >>
キノの旅十一巻口絵 お花畑の国 感想

●お花畑の国 -Flower Arrangement-
一言でいうなら:花畑の下には死体が埋まっている話
名言:(強いてあげるものはなし)


登場人物:キノとエルメス、シズと陸とティー
話の長さ:数ページ
備考:ひと気のない国

 

 

あらすじ
キノは国に入国しようとしたが、思いとどまった。国ではところどころ火の手が上がり人々が殺し合っていた。
そこへ空からホヴィーの群れがやってきた。一台がキノのそばに降り、そこから出てきた女性軍人が事情を話した。この国では3つの異なった民族が長らく暮らしていたが、最近急に仲が悪くなってこうなってしまったそうだ。
そして、ホヴィー=浮遊車両の群れは国に上空に集まり爆弾を落とした。すると国で生きている人はいなくなった。その後で花の種を撒いた。


オチ
春が終わって夏が終わりそうなころ、シズ達が来た。そこは綺麗な花畑で、こんな景色が見れるなら放浪の旅も悪くないと言った。


感想
争っていたので全滅させ花を蒔いた話。珍しくホヴィーが登場。
元は人が居た場所に自然が戻ったというと、原発事故で有名なチェルノブイリを思い出す。チェルノブイリは1986年事故が発生、それによりその地にはひと気がなくなった。そして約30年たった現在。その地には草木が茂り、動物たちが増えていると言う。
参考URL:ナショナルジオグラフィック日本版サイト「事故から30年、チェルノブイリが動物の楽園に」http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/042100148/

 

 

キノの容姿と装備:スコープ
エルメスの言い間違い:なし(累計言い間違い数:18)
殺害人数:0
キノが危害を加えられそうになった回数:0(累計数:25)
シズの主張が認められなかった回数:0(累計数:5)
国の技術レベルと特産物等:国外
収穫:なし

 

[ 小説第11巻 ] 00:26 - | comments(0) | - |2017.08.19 Saturday
スポンサーサイト

[ - ] 00:26 - | - | - |2017.11.18 Saturday