キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


 
 〜 管理人コメント 〜

学園キノ6巻が2019年10月
より発売中です。学園キノは
今のところレビュー予定は
ありません。申し訳ない


キノの旅データベース
作中言語解説記事
〜それぞれ公開中です


全話リストはこちら


学園キノ(6) (電撃文庫)    


 記事検索

 全話リストはこちら



 
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
         











































<< キノの旅Ⅺ 感想(ネタバレあり) | main | キノの旅十一巻口絵 お花畑の国 感想 >>
キノの旅十一巻口絵 子供の国 感想

●子供の国 -Burn Up-
一言でいうなら:大人が子供の遊具を捨てる話
名言:(強いてあげるものはなし)


登場人物:キノとエルメス
話の長さ:数ページ

 

 

あらすじ
   ある国の大きな公園で焚き木がされていた。それはゲームや漫画といった子供の娯楽の物だった。その光景を子供達は×××××な目で見ていた。それをしている大人によると最近子供達が悪くなってしまったのは、大人達が子供だった頃になかった物のせいであり捨てているのだという。
   大人が子供達に旅人のキノに聞きたいことがあれば質問してごらんと言った。すると子供はキノに、おとなをもやすにはどうすればいいのかと聞いた。


オチ
   キノが再び子供達を見たとき、さきほど質問した子供はいなかった。


感想
   昔なかった娯楽品を捨てれば良くなるのか、大人達は今でも昔でも良い人だったのかなど疑問しか生まない話。この話のようにキノの旅シリーズでは、時たま子供と大人の対立が描かれる。キノが故郷から逃げる話もそうである。そしてこの対立の終着点は第14巻「情操教育の国」だと思う。

  

 

キノの容姿と装備:茶色のコート(イラストのみ)
エルメスの言い間違い:なし(累計言い間違い数:23)
殺害人数:0(キノの累計殺害人数:23)
キノが危害を加えられそうになった回数:0(累計数:31)
国の技術レベルと特産物等:現代
収穫:なし

[ 小説第11巻 ] 21:02 - | comments(1) | trackbacks(0) |2017.08.18 Friday
スポンサーサイト

[ - ] 21:02 - | - | - |2020.09.19 Saturday
秦の始皇帝の焚書坑儒を思い起こさせますね。
消えた子どもはもしかして坑儒され(略
| ビビッド | 2020/01/24 10:23 AM |









トラックバック機能は終了しました。