キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


 
 〜 管理人コメント 〜

小説22巻を語るニコ生放送を
8/2(金)の23:00から行います
放送コミュニティはこちら


キノの旅データベース
作中言語解説記事
〜それぞれ公開中です


全話リストはこちら



キノの旅XXII
the Beautiful World
(電撃文庫)

   


 記事検索

 全話リストはこちら



 
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
         









































<< キノの旅十巻口絵 ティーの願い 感想 | main | キノの旅十巻第二話 ホラ吹き達の話 感想 >>
キノの旅十巻第一話 インタビューの国 感想

●インタビューの国 -Out of the Question-
一言でいうなら:本音過ぎるインタビューの話
名言:「〜、一番ボクが厄介だと思うのは―」「生きている人間です」

 

登場人物:キノとエルメス
話の長さ:約10ページ
備考:口語がメインの話(インタビュー部分のみ)・管理人の好きな話

 

 

あらすじ

   旅人のキノさんにインタビュー。
   若干十二歳で自ら直したモトラドで旅に出た。親からも反対されたが決意を固めてからは応援してくれた。だがうまくいかずに旅に出ては自分の国に戻ってを繰り返した。そんな折、先生と出会い学んだ。今思えば親の知り合いで頼まれたのかもしれない。…いずれ旅のゴールは故郷であり、そこで教師になりたい。

 

オチ
   なんてことをキノが話すわけもなく、キノはこれまで経験した真実と旅での厳しい現実を赤裸々に語った。
   インタビューは思っていたより早く終わった。

 

感想
   キノを素性を知っている人ならとても笑える話。まあキノの出生は笑える内容ではないのだが、とてもじゃないが世間に伝達できないことをキノが淡々を言うので、どうも笑ってしまう。さらに新聞掲載の話は全部当たり障りのないように歪曲されているので、そんなわけないだろうとしか言いようのない文章となっている。これまでのあらすじや、キノの旅の世界の考え方をストレートに知る話としても優秀。

 

追記

   このお話は初出の雑誌掲載版と小説版とで違いがあるらしい(参考URL:『Revolver:「キノの旅」・時雨沢恵一の感想・考察blog』http://blog.livedoor.jp/revolver33/archives/50737248.html)。詳細は余所様のリンク先にて。

 

 

キノの容姿と装備:黒いベスト(イラストのみ)
エルメスの言い間違い:なし(累計言い間違い数:21)
殺害人数:0(キノの累計殺害人数:20)
キノが危害を加えられそうになった回数:0(累計数:28)
国の技術レベルと特産物等:不明
収穫:インタビューの謝礼

[ 小説第10巻 ] 20:48 - | comments(0) | trackbacks(0) |2017.08.17 Thursday
スポンサーサイト

[ - ] 20:48 - | - | - |2019.10.05 Saturday









http://umidorinakoto.jugem.jp/trackback/215