キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


 
 〜 管理人コメント 〜

小説22巻を語るニコ生放送を
7/19(金)の23:00から行います
放送コミュニティはこちら


キノの旅データベース
作中言語解説記事
〜それぞれ公開中です


全話リストはこちら



キノの旅XXII
the Beautiful World
(電撃文庫)

   


 記事検索

 全話リストはこちら



 
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
         









































<< キノの旅七巻第二話 ある愛の国 感想 | main | キノの旅七巻第四話 冬の話 感想 >>
キノの旅七巻第三話 川原にて 感想

●川原にて -Intermission-
一言でいうなら:バギーの過去が分かる話
名言:「死ぬべきところで死ねなかったやつさ」


登場人物:シズと陸
話の長さ:数ページ
備考:英題が同名の話あり(旅の途中

 


あらすじ
   川原があるのでバギーを洗うことにした。すると文字が書かれた鉄板が見つかった。「我々の愛馬よ、共に戦い我々の屍を抱き朽ち果てよ」といった旨が書かれており、前任者によるものだった。元はこのバギーは戦場跡で拾ったものであった。

 

感想
   バギーについて触れられる回。陸がシズに会う以前、シズは徒歩で旅をしていた等の記述がある。

 


殺害人数:0(シズの累計殺害人数:25)
シズの主張が認められなかった回数:0(累計数:2)
国の技術レベルと特産物等:国外
収穫:なし

[ 小説第7巻 ] 18:39 - | comments(0) | trackbacks(0) |2017.08.14 Monday
スポンサーサイト

[ - ] 18:39 - | - | - |2019.06.09 Sunday









http://umidorinakoto.jugem.jp/trackback/176