キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


 
 〜 管理人コメント 〜

学園キノ6巻が2019年10月
より発売中です。学園キノは
今のところレビュー予定は
ありません。申し訳ない


キノの旅データベース
作中言語解説記事
〜それぞれ公開中です


全話リストはこちら


学園キノ(6) (電撃文庫)    


 記事検索

 全話リストはこちら



 
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
         











































<< キノの旅六巻第八話 祝福のつもり 感想 | main | キノの旅六巻 あとがき 巻末特別問題をやってみる >>
キノの旅六巻エピローグ・プロローグ 誓いb・a 感想

●誓い -a Kitchen Knife-
一言でいうなら:「×××××」という娘が生まれたことを喜ぶ父親の日記
名言:(強いてあげるものはなし)

 

登場人物:キノ、キノの父親
話の長さ:数ページ

 


bパートあらすじ

   もう何を書いたらいいか分からない。なんて私は幸せなのだろうか。

 

aパートあらすじ

   今日という日を忘れない。十二年後も今日の事を思い出すだろう。娘が生まれた。一生の宝物を手に入れた。私は生ある限り娘が幸せになるよう全身全霊を尽くす。世界中を敵にしても。娘の名前は、国の外で一面に咲き乱れる紅い花「×××××」にしよう。

 

感想
   やはりこれはキノなのだろうか? 作中の十二年は「大人の国」での大人になる年であったり、同話の国の外で一面に紅い花が咲き、「×××××」と名前が伏せられていたりとキノである可能性が高い。キノの父親はキノが大人になる事に疑問を持つと、あろうことか殺しにかかってきた。そのことを考えるとなんとも茶番な日記である。

 

追記

   一方で管理人命名"キノの父親聖人説"なるものがある。これは本エピソードの通り父親がキノを第一に考え、それは「大人の国」でも変わらなかった、キノをどやしつけたり初代キノを殺したのは娘の命を守るためという説である。ただあの暴言に加え、他人を殺すのも演技というのは、あまり信じがたい説である。少なくともそれを思わせるそぶりを見出すことは出来ていない。

   英題がキッチンナイフである。これは英題を見た時点でキノの父親ということを示唆させるためのものか。

 


キノの容姿と装備:不明
エルメスの言い間違い:なし(累計言い間違い数:12)
殺害人数:0(キノの累計殺害人数:16)
キノが危害を加えられそうになった回数:0(累計数:24)
国の技術レベルと特産物等:近代以上
収穫:なし

 

[ 小説第6巻 ] 21:53 - | comments(0) | trackbacks(0) |2017.08.13 Sunday
スポンサーサイト

[ - ] 21:53 - | - | - |2020.05.24 Sunday









トラックバック機能は終了しました。