キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


 
 〜 管理人コメント 〜

学園キノ6巻が2019年10月
より発売中です。学園キノは
今のところレビュー予定は
ありません。申し訳ない


キノの旅データベース
作中言語解説記事
〜それぞれ公開中です


全話リストはこちら


学園キノ(6) (電撃文庫)    


 記事検索

 全話リストはこちら



 
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
         











































<< キノの旅六巻第五話 忘れない国 感想 | main | キノの旅六巻第七話 旅の途中 感想 >>
キノの旅六巻第六話 安全な国 感想

●安全な国 -For His Safety-
一言でいうなら:ひたすら規制がある国
名言:
「そうか……。昼寝は危険だな。」
「〜本当に危険なのは、人間じゃないのかと思う。正確には人間の意思だ。〜」

 

登場人物:キノとエルメス
話の長さ:約20ページ

 


あらすじ
   入国時にパースエイダーの持ち込みが禁止された。ほかにもひたすら安全のため、モトラドの運転はもちろん、テントに使うロープまで危険ということで国では規制されていた。それらの規制に対し住人達も賛同しており、キノの持ち物や考え方に対し危ないから捨てるように言った。

 

オチ
   この国の方針は間違っていて、問題なのはものではなく人間なのではないかと入国審査官が言った。キノは彼の安全のため、国が正しいと言った。


感想
   とても窮屈な国でした。規制するという問題はなかなか難しく、はっきり区別ができないと思う。ただ、銃が規制されていないアメリカでは銃乱射事件がよく起きるし、銃に関しては規制したほうがいいのではとも思う。
   そのうえで最後の住人の言う、きちんと物を使いこなせば危険性はあるがそのリスク以上に人生を豊かで楽しくしてくれる、という考えにはなるほどと思った。

 

 

キノの容姿と装備:十代中頃・茶色のコート・黒いジャケット・カノン・森の人・ナイフ
エルメスの言い間違い:場違いに魔物→正:クレイジーに刃物〜新刊では修正?(累計言い間違い数:12)
殺害人数:0(キノの累計殺害人数:16)
キノが危害を加えられそうになった回数:0(累計数:24)
国の技術レベルと特産物等:近未来・安全規制
収穫:なし

 

[ 小説第6巻 ] 21:49 - | comments(0) | trackbacks(0) |2017.08.13 Sunday
スポンサーサイト

[ - ] 21:49 - | - | - |2020.09.19 Saturday









トラックバック機能は終了しました。