キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


 
 〜 管理人コメント 〜

学園キノ6巻が2019年10月
より発売中です。学園キノは
今のところレビュー予定は
ありません。申し訳ない


キノの旅データベース
作中言語解説記事
〜それぞれ公開中です


全話リストはこちら


学園キノ(6) (電撃文庫)    


 記事検索

 全話リストはこちら



 
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
         











































<< キノの旅五巻第五話 英雄達の国 -Seven Heroes- 感想 | main | キノの旅五巻第七話 予言の国 感想 >>
キノの旅五巻第六話 のどかな国 感想

●のどかな国 -Jog Trot-
一言でいうなら:月に数回陥没が起きるがのどかな国
名言:(強いてあげるものはなし)


登場人物:シズと陸
話の長さ:約10ページ

 

 
あらすじ
   広い牧草地で農業だけをしている国。そこの茶屋で一休みした。畑がどこまでも続き、遠くではトラクターがゆったり動く…とてものどかだった。

 

オチ
   大地が揺れ、さきほどまで見えていたトラクターが消失した。大昔の石の採掘に伴う陥没で、月に数回起こるという。だが住人は家や人が飲み込まれることは滅多にないと、あまり気にせず暮らしていた。シズは若干引きずった顔になり、国を出る事にした。

 

感想
   何年前か、外国の陥没を写した空中写真を見たことがあるが、写っているのはぽっかり空いて底が見えない穴で、実に怖い画像だった。
(参考URL:はちま起稿「【怖すぎ】ボスニアで村の池が突然消滅!周囲の土がどんどん崩れ始め、全てを飲み込む巨大大穴に進化」http://blog.esuteru.com/archives/7428066.html
   他にも割と最近、JR博多駅前の陥没事故もすごいものだった。
(参考URL:朝日新聞DIGITAL「博多駅前陥没」http://bit.ly/2JNFrlz

 


殺害人数:0(シズの累計殺害人数:24)
シズの主張が認められなかった回数:0(累計数:2)
国の技術レベルと特産物等:現代(トラクター)
収穫:なし

[ 小説第5巻 ] 19:14 - | comments(0) | trackbacks(0) |2017.08.12 Saturday
スポンサーサイト

[ - ] 19:14 - | - | - |2020.09.19 Saturday









トラックバック機能は終了しました。