キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


 
 〜 管理人コメント 〜

学園キノ6巻が2019年10月
より発売中です。学園キノは
今のところレビュー予定は
ありません。申し訳ない


キノの旅データベース
作中言語解説記事
〜それぞれ公開中です


全話リストはこちら


学園キノ(6) (電撃文庫)    


 記事検索

 全話リストはこちら



 
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
         











































<< キノの旅后ヾ響曄淵優織丱譴△蝓 | main | キノの旅五巻第二話 人を殺すことができる国 感想 >>
キノの旅五巻第一話 あの時のこと 感想

●あの時の事 -Blue Rose-
一言でいうなら:王子に旅をせがまれる話
名言:(強いてあげるものはなし)

 

登場人物:キノとエルメス(直接記述なし)
話の長さ:数ページ
 


あらすじ
   赤や青のバラが咲く庭に王子とじいや、そして若い旅人とモトラドがいた。旅の話を聞いた王子が自分も行きたいから連れってってと言い始めた。旅人は断り行ってしまった。王子様はじいやの胸で泣いた。

 

オチ
   そんな昔の夢を見た、困らせて悪かったと王様。それを聞いてじいやは恭しく礼をした。

 

感想
   第四巻冒頭の「×××××」と似たような話。旅人をキノと仮定し、王子様の願いでもやはり連れて行けないと言いたいようである。「×××××」と同じネタに思えるが、違うのは後日談があって王子が謝っている点である。この王子に限らずキノが連れていけなかった子達は、それで良いのだと認めているということか。
   挿絵には英題の青いバラが、そして赤いバラも咲いているが、果たして意味は。

 

追記

   青いバラとは元々存在しないものであり、英題の「Blue Rose」は不可能という意味で使われたそうだ。しかし、2004年6月30日に遺伝子組換え技術による青いバラが発表され、元の意味に反した肯定的な意味を付与された。ちなみに本巻が発売されたのは2002年であり、著者が青いバラについてどのような認識を持っていたのか定かではない(元々の意味でしか認識していなかったかもしれないし、開発中との報道があれば成功見込みのある物と認識していたかもしれない)。

   ただ話の流れから推察するに、旅に連れて行くのは「不可能」であり、赤いバラと青いバラが庭に混在しているのは、現実は可能なこともあれば不可能なことも混在していると言いたいと思える。

   参考URL:ウィキペディア「青いバラ (サントリーフラワーズ)」http://bit.ly/2JMXM2e

 


キノの容姿と装備:黒い髪の若い旅人・黒のジャケット(らしき服、イラストのみ)
エルメスの言い間違い:なし(累計言い間違い数:8)
殺害人数:0(キノの累計殺害人数:6)
キノが危害を加えられそうになった回数:0(累計数:16)
国の技術レベルと特産物等:中世・赤と青のバラ
収穫:なし

[ 小説第5巻 ] 22:40 - | comments(0) | trackbacks(0) |2017.08.11 Friday
スポンサーサイト

[ - ] 22:40 - | - | - |2020.03.25 Wednesday









トラックバック機能は終了しました。