キノの旅を総括したい

"世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい"
そんな世界を余すことなく総括する、キノの旅まとめサイト。ネタバレ注意


 
 〜 管理人コメント 〜

学園キノ6巻が2019年10月
より発売中です。学園キノは
今のところレビュー予定は
ありません。申し訳ない


キノの旅データベース
作中言語解説記事
〜それぞれ公開中です


全話リストはこちら


学園キノ(6) (電撃文庫)    


 記事検索

 全話リストはこちら



 
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
         











































<< キノの旅四巻 あとがさ(あとがき) 感想 | main | キノの旅五巻第一話 あの時のこと 感想 >>
キノの旅后ヾ響曄淵優織丱譴△蝓

●キノの旅 -the Beautiful World-

「美しいと思うから 美しいと思う」-Have I Ever Seen the Beautiful World?-

発売日:2002年1月25日
登場人物:キノとエルメス、シズと陸、師匠と弟子

 

 

2018/5/1以後周辺〜巻全体を通し記事を加筆修正


この巻について
   まるで襲われることのなかった4巻から一転、やたら襲われる巻。キノの旅シリーズのなかでも屈指の激戦となる「英雄達の国 -No Heroes-」、そして勝手に真実をしゃべって来たうえで襲ってくる「予言の国」と「病気の国」。なんとも理不尽であるが、それを覆すキノの実力に安堵する。
   キノの第三の銃「フルート」を入手するのもこの巻の「英雄達の国 -Seven Heroes-」である。だが、この話以前にキノが「フルート」と思われるライフル銃を所持していたことがある。(自由報道の国橋の国

   管理人がキノの旅で一番好きなお話「夕日の中で」があるのもこの巻である。

 


目次
プロローグ「夕日の中で・b」
第一話「あの時のこと」
第二話「人を殺すことができる国」
第三話「店の話」
第四話「英雄達の国 -No Hero-」
第五話「英雄達の国 -Seven Heroes-」
第六話「のどかな国」(シズのお話)
第七話「予言の国」
第八話「用心棒」(師匠のお話)
第九話「塩の平原の話」
第十話「病気の国」
エピローグ「夕日の中で・a」
おとがそ(あとがき)

[ 小説第5巻 ] 20:12 - | comments(0) | trackbacks(0) |2017.08.11 Friday
スポンサーサイト

[ - ] 20:12 - | - | - |2020.09.19 Saturday









トラックバック機能は終了しました。